薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > AGAの原因 > 【クリニック監修】ハゲの原因! そして対策法~

更新日:|公開日:

【クリニック監修】ハゲの原因! そして対策法~

【ハゲの原因を解明したい】人の髪の毛はなぜ、ハゲてきてしまうのでしょうか。ハゲる人とハゲない人がいますが、頭髪のハゲの運命を分けているものは何なのでしょう。正しくハゲ対策するために、ハゲる原因を見極めていきましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

ハゲでもう悩まない、原因を知って解決へ!

まだ若いのにどんどん進行するハゲ。憂鬱になってしまいますね。とはいえ、毎日目を皿のようにして抜け毛の数を数えたり、生え際が後退してきているかと鏡を凝視したりと、悩んでばかりいてもかえってストレス。ハゲは解決しません。

ハゲで悩むより先に、やるべきことは、ハゲの原因が何なのかを知ることです。何が原因でハゲが進行しているのかを知ることで、とるべき対策も見えてくるはず。
ハゲの原因を知って、前向きにハゲ対策を始めませんか?

 

ハゲにもいろいろな種類や原因がある

一口にハゲといっても、その種類や原因はさまざまです。

・生え際や頭頂部からハゲる若ハゲ

男性の多くはこのタイプのハゲでしょう。
原因については後ほど詳述しますが、生え際がM字になっておでこが広くなっていくタイプや、頭頂部が薄くなっていく0字タイプのハゲがあります。
あるいは、生え際と頭頂部の両方が同時に薄くなっていくMOタイプのハゲもあります。

・びまん性のハゲ

頭全体の髪の毛が細くなるため、全体的に薄くなるタイプのハゲです。更年期の女性などに多いタイプのハゲで、全体が薄くなるため、分け目やつむじなど、頭皮が見えてる部分からハゲが目立ってきます。

・頭皮の炎症によるハゲ

皮脂分泌が過剰な人は、マラセチアなどの頭皮の常在菌が異常繁殖しやすく、頭皮炎症の原因になります。あるいは、逆に乾燥気味の人も、頭皮のバリア機能が低下しやすく、ささいな刺激にも頭皮が反応して環境が乱れがち。このような頭皮の炎症が原因でハゲることもあるのです。

・円形脱毛症

以前はストレスが原因だと言われていましたが、今では自己免疫の異常による疾患が原因だということがわかっています。その多くがアレルギー疾患とも関わっており、きちんと皮膚科などで治療をすることが大切です。

・牽引性脱毛症

常に同じ髪型できつく結んでいる人などがハゲた場合、その原因は牽引性脱毛症の可能性があります。毛根部に極端な負荷をかけ続けたことが原因なので、結ぶのをやめて短くカットするなど、負荷をかけなくすれば改善します。

 

ハゲる主な原因はこの5つ

円形脱毛症や皮膚炎などは疾患ですが、それ以外の若ハゲやびまん性の薄毛はさまざまな要素が絡み合って発症することが少なくありません。大きく分けると、原因は以下の5つにまとめることができるでしょう。

・遺伝的要素

若ハゲの代表格であるAGAは男性ホルモンが原因です。とはいえ、発症する人と発症しない人がいるのはなぜでしょう。それにはさまざまな要素が関係していると考えられますが、その一つが遺伝的要因です。実際、AGAに関しては母親の家系の遺伝子情報が受け継がれますので、母方の家系にハゲが多い人は注意が必要でしょう。

・睡眠不足

睡眠時間が慢性的に不足している人はAGAを発症する割合が高くなると言われています。AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞の働きを阻害することで髪の毛の成長期が短くなり、発症します。
一方、夜間は特に成長ホルモンの分泌が盛んになるタイミングで、体の細胞分裂を活発に行うためには、夜間に良質の睡眠をとることが大切なのです。

・喫煙習慣

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させて血流量を低下させます。髪の毛の健やかな成長のためには血行のよい健やかな頭皮環境が欠かせません。頭皮の血行が悪くなると、毛母細胞にも十分な酸素や栄養が送られなくなり、ハゲの原因となりかねません。

・食生活の乱れ

食生活の乱れも頭皮環境の乱れを引き起こしハゲの原因になることも。
糖分過剰な食事や脂っこい食事など、栄養の偏った食生活を送っていると、髪の毛に必要な栄養も不足しがちに。
髪の毛はケラチンというタンパク質でできており、また、体内に取り込んだタンパク質はアミノ酸に分解されたのちに、ビタミンやミネラルなどによってタンパク質に再合成されます。さまざまな栄養素が欠乏することは、ハゲの原因にもなりかねないのです。

・ホルモンバランスの乱れ

びまん性脱毛などは、ホルモンバランスの乱れが原因で発症することもあります。特に女性は、出産や更年期など、ライフステージごとに女性ホルモンの分泌量が大きく変化するため、そのタイミングで薄毛症状が出てしまうことがあるのです。

このように、ハゲてしまう原因はさまざま。当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)の公式サイトでも、ハゲ・抜け毛のメカニズムに関するコラムがあります。ご参考にご一読ください。

 

ハゲる人とハゲない人の違いを知るのは原因を知ることから

それぞれ同じように男性ホルモンを持っていても、あるいは女性ホルモンの分泌量が変化しても、ハゲる人とハゲない人がいるのは、上記に挙げたハゲの原因となる生活習慣や遺伝子情報の違いが関連していると考えられます。

AGAは、男性ホルモンのDHTがアンドロゲンレセプターという受容体に結合することによって発症するのですが、この受容体の感受性は人によってもまちまち。この受容体は遺伝子情報による影響が大きいとされています。

AGA専門クリニックでは、遺伝子リスクの検査を行っているところもあります。気になる人は、一度リスク検査を行ってみるのもよいでしょう。当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)でも遺伝子リスク検査を行なっています。ご参考にご一読ください。

とはいえ、一卵性双生児でもハゲ方に違いが出たという研究もありますので、遺伝子情報を引き継いだからといって必ずしもハゲるとは限りません。

 

ハゲの原因を見極めた上での対策を

ハゲの原因となる要素を理解することで、日常生活において取り組むべき対策が見えてきましたね。

・ハゲの原因と対策1 良質の睡眠を確保する習慣を

慢性的な睡眠不足は毛髪の正常な成長を妨げ、ハゲの原因になります。夜間はしっかりと少なくとも5時間以上は良質な睡眠をとるように心がけましょう。

・ハゲの原因と対策2 禁煙を始める

喫煙習慣のある人は、すぐにでもタバコをやめるような努力を始めましょう。ニコチンは頭皮の血行を悪くし、活性酸素を発生させて体の老化を進めます。髪の毛には百害あって一利なし、です。

・ハゲの原因と対策3 栄養バランスのよい食事をとる

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。まずは良質なタンパク質を中心とした食生活を心がけましょう。また、アミノ酸からケラチンを再合成する時に必要となるのが亜鉛などのミネラル。亜鉛は牡蠣や豚レバーなどに豊富に含まれています。足りない時はサプリメントで補うのもよいでしょう。そのほか、抗酸化作用の強いビタミン類も髪の毛の強い味方です。

 

ハゲの原因を知り、本気の対策を考えるなら専門クリニックへ相談を!

生活習慣の見直しで、ハゲるリスクを少しでも軽減すべきなのは言うまでもありませんが、一方で、AGAを一度発症してしまったら、生活習慣の見直しだけでハゲ症状を改善させることはむずかしいのが現実です。もちろん、その進行を少しでも緩やかにするためには日常生活から変えていくべきではあるのですが、進行性のAGAを治そうと思ったら、専門のクリニックできちんとした治療を受けることが一番の近道だと言えるでしょう。

専門のクリニックであれば、無料のカウンセリングの窓口を設けているところも少なくありません。まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。
ご自分のハゲ症状がAGAが原因なのか、あるいは別の疾患などが原因なのかを見極めることも大切です。ハゲにお悩みの方は、一度診察を受けて、医師にきちんと診断してもらうとよいかもしれません。

ハゲ・薄毛と病院についてのコラムもありますので、そちらも併せてご覧ください。

 

<まとめ>

ハゲを改善させるためにも、まずハゲてしまう原因を見極めることが大切。そのためにプロの手を借りきちんと診断を受け、適切な改善方法をとり、可能であれば治療も受ける、といったことが大事です。遺伝だから、体質だからとあきらめる前に、できることから始めていきましょう。

ハゲ・薄毛の原因から治療に関する情報をまとめたページもございます。
よろしければそちらもおよみください。

ハゲる原因についてのコラムは以上です。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】ハゲは薬で治せます

次の記事

【クリニック監修】薄毛に効くサプリ?薄毛にはどのサプリを飲めばいいの?