薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薄毛 > 薄毛の薬 > 【クリニック監修】ハゲは薬で治せます

更新日:|公開日:

【クリニック監修】ハゲは薬で治せます

【ハゲに薬?】ハゲに最も効く薬とは何でしょう。その薬で本当にハゲは治るのでしょうか。ハゲに効く薬にはどのような種類があり、どのような成分がどう効果を発揮するのでしょう。服用するかどうか決める前に、まずはハゲに効く薬について、正しい理解を深めましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

ハゲは薬で治療できるって本当?

ハゲを本気で治したいと思ったら、最善の選択肢は何なのでしょうか。もちろん、髪の毛によい日常の生活習慣、正しいシャンプー選びや栄養バランスのよい食事、ストレスを溜めず適度な運動や十分な睡眠などは大切です。

しかし、ハゲの症状が出てきてしまった場合、それらの生活習慣の改善でハゲを治すことは難しいと言えるでしょう。進行をゆるやかにすることができても、ハゲの原因の根本的な改善にはならないからです。

一度ハゲてしまったものをしっかり治療したいと考えるならば、効果の高い薬を正しく選択し、正しく服用を継続することが、治療への最も近道だと言えるでしょう。多くの男性を悩ませているAGAによるハゲは、効果的な治療薬が複数存在します。

正しく薬を服用しさえすれば、ハゲは治療することが可能な症状なのです。

 

ハゲの治療薬、その2つの柱とは

AGAなどのハゲは、髪の毛の成長期が短縮することで進行します。

本来、髪の毛は男性で3〜5年、女性で4〜6年ほど成長期が持続します。その後、徐々に毛母細胞が細胞分裂を停止していく退行期に入り、休止期に入ると髪の毛は成長を完全にストップさせます。休止期はおよそ3ヶ月。その間に、休止期の髪の毛は次々と抜け落ちていき、その毛穴から新しい成長期の毛が生えてくる。

これが正常なヘアサイクルです。

ところが、AGAを発症すると、この成長期がどんどん短くなっていき、細くて短い毛のまま抜け落ちてしまうため、ハゲが進行していくのです。

こうしたハゲ症状の治療に使われる薬は、2つの作用があります。1つは、成長期の短縮をストップさせ、ヘアサイクルを正常に戻すことでハゲの進行を止めるというもの。

そしてもう1つは、毛母細胞に直接働きかけて活性化し、髪の毛を太く成長させることで発毛させるというもの。

ハゲの進行を止め、発毛を促す。これがハゲ治療の2つの柱で、それぞれに効果的な治療薬があるのです。

 

ハゲの治療薬、プロペシアの効果

1つめの柱、ハゲの進行を止めるために使われる薬の代表的なものが「プロペシア」です。有効成分はフィナステリド

AGAは、成長期が短縮することでハゲが進行すると述べましたが、成長期が短縮する原因となるのは、ジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモン。DHTが毛母細胞に働きかけてその活動を阻害することで、毛母細胞が早くに細胞分裂をやめてしまいハゲが進行します。

このDHTは、テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素の作用によって変化したもの。つまり、5αリダクターゼがテストステロンに作用を及ぼすことをブロックすれば、DHTの生成は防げます。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼをブロックし、テストステロンがDHTに変化することを予防します。これにより、ハゲの進行を効果的に止めることができるのです。

当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のサイトでも、ハゲ治療薬「プロペシア」の効果についてまとめたコラムがありますので、ぜひご一読ください。

 

もう一つの治療薬、ザガーロの効果

プロペシアと似た作用を持つ薬としてザガーロというものもあります。こちらも、ハゲ治療に効果的な薬として治療の場で用いられることが多くあります。

ザガーロの有効成分はデュタステリド。フィナステリドと同様に5αリダクターゼをブロックするのですが、それぞれ、ブロックする5αリダクターゼのタイプがやや異なります。

フィナステリドがブロックするのは5αリダクターゼの2型。一方で、デュタステリドは5αリダクターゼの1型と2型の両方をブロックする効果があります。

2型の5αリダクターゼは髪の毛の生え際や頭頂部などの毛乳頭を中心に存在します。

1型は頭髪だけでなく、全身の皮脂腺に存在する酵素です。

AGAが生え際や頭頂部から抜け毛が進行していくのは、2型の5αリダクターゼが原因だったからなのです。

頭髪のハゲを治療するのだから、2型の5αリダクターゼだけブロックすれば十分ではないかと思われるでしょう。実際、AGA治療の現場でも2型をブロックすることが重要だと長い事考えられてきました。

しかし、ハゲのタイプによっては、2型だけでなく1型と2型の両方をブロックした方が、治療の効果がはっきりと現れるという場合もあるのだということがわかってきました。

つまり、プロペシアだけで十分に効果が出る人もあれば、ザガーロの方がより効果が出るという人もいるのです。
当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のサイトでは、ハゲ治療薬「ザガーロ」の値段についてのコラムを掲載しています。ご参考にご一読ください。

 

ハゲを治し、発毛を促す薬とは

プロペシアとザガーロが、ハゲの原因をブロックすることで、ハゲの進行を止めて根本を改善させる薬であるのに加え、もう一つの治療の柱である「発毛」をうながす薬が、ミノキシジルです。

ミノキシジルは毛乳頭細胞に直接働きかけることで、毛母細胞の細胞分裂を活発にし、髪の毛を力強く成長させるのです。

ミノキシジルの強みは、女性にも使用が認められているということです。残念ながら、プロペシアやザガーロは、副作用のリスクもあり、女性は使用すべきでないとガイドラインで定められています。

プロペシアやザガーロでAGA発症の根本原因を断ち、ミノキシジルで発毛を促す。この2本だてにより、ハゲ治療は大きな効果をあげているのです。

ハゲ治療に用いられるミノキシジルについての記事もございますので、そちらもお読みください。

 

ハゲの治療薬で効果を実感するには

それぞれの薬は正しく服用することで、多くの患者さんがその効果を実感しているのですが、とはいえ、服用してすぐに効果が現れるわけではありません。

まず大切なのが、正しい用量を守って、正しい服用を継続するということ。効果が現れるのは、個人差もありますが、おおよそ服用開始から4~6ヶ月程度経った頃からです。それまできちんと服用を継続することが大切です。

ハゲ治療は継続によりその効力を発揮しますので、大切なのは自分で治療の目標をきちんと設定しておくこと。漠然とした期待感だけで曖昧に治療をスタートさせると、自分でどの程度回復したら発毛の薬はやめてもいい、といった判断がつけられなくなってしまいます。

治療の主役は自分です。この程度まで髪の毛を増やしたい、あるいはハゲが進行せず現状維持できればいい、など、自分が治療薬に求めるものを明確にしましょう。

 

ハゲの薬、副作用のリスクもふまえて正しく服用

上記の薬はどれも、日本皮膚科学会のガイドラインでもその高い効果が認められ、治療薬として推奨されているものです。つまり、医薬品です。

そして、医薬品には副作用のリスクというものが必ず存在します。

プロペシアやザガーロに関しては、精子の減少や性欲の減少、勃起障害といった副作用のリスクが挙げられ、また、男児胎児の生殖器形成に影響を及ぼす可能性もあります。そういったこともあり、女性への服用は認められていないのです。

当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のサイトでも、ハゲ治療に使われる成分フィナステリドの副作用についてコラムをまとめていますのでご参考にしてください。

ミノキシジルについても、頭髪だけでなく体毛も濃くなってしまう、むくみやふらつき、湿疹などの副作用のリスクが挙げられています。

いずれもごくわずかなリスクとはいえ、服用したり塗布したり、自分の体に直接作用を及ぼす医薬品ですから、その摂取に関しては慎重に判断すべきといえるでしょう。

その意味でも、個人輸入サイトなどで、品質の安全性などがはっきりしない薬を自分で入手して、自己判断で服用することはあまりオススメできません。安全に、治療薬の効果を最大限に引き出すためにも、AGA治療や発毛治療専門のクリニックで医師との二人三脚で治療を進めていく方がはるかに安心だと言えるでしょう。

専門クリニックでは、無料のカウンセリング窓口を設置して、治療内容やその費用についてなど、気軽に相談できるところが多くあります。無理なく継続するためにも、予算感を自分でつかんでおくことは重要です。当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)でもハゲ治療薬などについても相談できる無料の相談窓口を設けています。ぜひ一度、気軽にご相談してみてはいかがでしょう。

 

<まとめ>

ハゲ治療は、適切な薬を使えば高い効果が期待できることがおわかりいただけたでしょうか。効果的なはげ治療薬には、それなりの副作用もあります。ハゲ治療は長くかかりますので、安全に安心して治療をつづけたければ、一度クリニックを利用するのも賢い選択ではないでしょうか。

ハゲおよび薄毛についての情報をまとめたページもございます。
よろしければご参考にそちらも併せておよみください。

ハゲの薬についてのコラムは以上です。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】ハゲが遺伝する本当の理由

次の記事

【クリニック監修】ハゲの原因! そして対策法~