薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薬・成分 > ザガーロ > 【クリニック監修】ザガーロの副作用は?!鬱? 性欲減退?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】ザガーロの副作用は?!鬱? 性欲減退?

ザガーロの副作用についてご存知ですか?AGA治療薬「プロペシア」以上の効果を持つと言われるザガーロですが、効果が期待できる医薬品には、副作用がつきものです。ザガーロの副作用の内容と、副作用が起きた場合の対処法などについて、お話ししたいと思います。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

ザガーロ、副作用はあるの?どんな薬?

ザガーロとは男性型脱毛症(AGA)治療薬の商品名で、グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK社)から発売されています。この「ザガーロ」には、どんな副作用があるのでしょうか。ザガーロの添付文書によると、下記の副作用があると書かれています。

<ザガーロで報告されている副作用>

勃起不全
リビドー減退
精液量減少
射精障害

そもそもザガーロとは、どんな薬なのでしょうか?ザガーロは前立腺肥大症の治療にも使われている、「デュタステリド」という成分が配合されているAGA治療薬です。

ザガーロの副作用と作用のしくみ

このデュタステリドは、頭頂部や前頭部、全身の皮脂腺にある5αリダクターゼという酵素に働きかけます。

5αリダクターゼは男性ホルモンの一種であるテストステロンを、ジヒドロテストステロン(DHT)という、より強い作用を持つ男性ホルモンに変化させる効果を持っています。

このDHTが発生することで毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合し、毛母細胞の活動を抑制するシグナルを発して、毛髪の成長に悪影響をもたらします。

しかしデュタステリド製剤を服用することで、これらの働きを止めることができるのです。

5αリダクターゼには1型と2型があります。1型5αリダクターゼは全身及び側頭部や後頭部の皮脂腺にあり、2型5αリダクターゼは前立腺、前頭部、頭頂部の毛乳頭にあります。

同じAGA治療薬の「プロペシア」の主成分「フィナステリド」はこの5αリダクターゼの2型のみを阻害し効果をもたらしますが、デュタステリドは1型と2型の両方に効果をもたらすのです。

デュタステリド配合薬のザガーロは2015年9月に厚生労働省に承認され、2016年6月から発売されている比較的新しい薬です。しかしデュタステリド自体は、2009年に承認された前立腺肥大症治療薬の「アボルブカプセル」に使われていました。アボルブカプセルは0.5mgとなっていますが、ザガーロには0.1mgと0.5mgと、配合量に違いがある2種があります。

前立腺肥大症もAGAも、発症には男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関係しています。いずれもデュタステリドによって進行を抑えることができますが、一方でその副作用は、「男性らしさ」と深く関わってくるようです。

 

ザガーロの副作用は、大きく分けて3つある

ザガーロの副作用について、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。
ザガーロの発売元であるGSK社はザガーロの副作用には「生殖系および乳房障害」「精神障害」「胃腸障害」などがあると発表しています。

ザガーロの副作用/生殖系および乳房障害

上記内容から、EDになったり、乳房が膨らんだりする可能性があることがわかります。

ザガーロの副作用/精神障害

「性欲がなくなる」「不安な気持ちに苛まれる」「うつになる」など、ネガティブな心境になる影響があるようです。

ザガーロの副作用/胃腸障害

お腹が痛くなったりゆるくなったりするだけではなく、歯の知覚過敏まで出てしまっては日常生活に支障をきたします。

もちろんこれらは服用した人すべてに起こるわけではありません。ただ服用にあたっては、まず医師に相談した方が良いでしょう。

ザガーロの作用、副作用について詳しく書かれた記事がございます。そちらも併せてお読みください。

(上記参照 ザガーロカプセル「市販直後調査」

 

ザガーロは正しく使えば、AGAに効果を発揮する

性欲がなくなる、下痢をする、抑うつ気分になるといった副作用を知ってしまうと、いかにも「怖い薬」と思ってしまいがちなザガーロですが、正しく使用すれば決して危険な薬ではありません。

ザガーロを服用することにより、5αリダクターゼ1型2型の働きを阻害し、毛髪の成長が期待できます。

ザガーロに添付されている文書によれば、24週間ザガーロを投与した男性患者を調べたところ、それまでと比較して下記のように毛髪が増えたそうです。

<男性患者にザガーロ投与24週間後の変化量>

デュタステリド0.1mgは3.0本
デュタステリド0.02mgは17.1本
デュタステリド0.5mgは89.6本
(頭頂部の直径2.54cm円内での観察結果)

つまり適切に使用すれば目に見える効果が期待できる、AGA治療薬と言えるでしょう。

(上記参照 ザガーロカプセル「添付文書」

 

「これって副作用?」そんな時はすぐに医師に相談を

ザガーロの服用を始めたことで、毛髪以外の場所に以前との違いを感じたら、すぐに医師に相談することをお勧めします。逆に言えば医師に相談した上で服用することが、何よりも大事な薬と言えるでしょう。

ザガーロはドラッグストアでは購入できず、服用にあたっては医師による処方が必要です。しかしインターネットで検索すると、海外で生産されたデュタステリド配合薬の個人輸入代行サイトが見つかります。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)の場合、GSK社製の「ザガーロカプセル0.5mg」は30錠あたり9,500円(税別)となっていますが、フィリピンやトルコなどで生産されているデュタステリド配合薬の中には、その半額以下で手に入るものもあります。

病院に行かずに安価で手に入るのは一見魅力的ですが、ザガーロをはじめとするデュタステリド配合薬には、前述のような副作用があります。

日本で市販・処方されている医薬品を服用することで起きた健康被害に対しては、医療費や年金などが給付される「医薬品副作用被害救済制度」という制度があります。

しかし個人輸入の薬は、制度の対象外となっています。また「これってザガーロの副作用?」と思う症状が本当にザガーロによるものかどうかは、専門的な知識がないと判断がつきかねるところもあるでしょう。

これらの点を踏まえると、まずは医師に相談してから服用を始め、体調に変化が現れた場合はすぐに医師に相談することが、健康を維持しながら薄毛を改善する最善の方法と言えるでしょう。

 

ザガーロとプロペシア、どちらの方が効果があるの?

AGA治療薬には先のフィナステリドという成分を使用した「プロペシア」や、「ミノキシジル」という成分が配合されたものなどがあります。

ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、毛根周辺の末梢血管まで血行が良くなることと、毛母細胞を直接刺激することで薄毛改善効果があることがわかっています。

一方、プロペシアに配合されているフィナステリドが5αリダクターゼの2型に作用し、ザガーロ(デュタステリド)が1型2型に効くことはお伝えした通りですが、ザガーロは二つの5αリダクターゼの両方に効くことから、フィナステリド(プロペシア)より効き目が強いと言えます。

しかしザガーロとフィナステリドには副作用があるため、誰でも使えるというわけではありません。

まずザガーロは肝臓で代謝されるため、肝機能障害のある人が服用すると薬の血中濃度が上昇するおそれがあります。肝機能障害がある人にとっては、使用そのものが認められていない薬と言えるでしょう。

またザガーロには、前立腺から分泌され精液中に含まれる「血清前立腺特異抗原(PSA)」にも影響を及ぼすことがかっています。

PSAは前立腺がんの診断や再発の発見に必要なものですが、本来の数値から変化する可能性があるため、前立腺がんの診断を受けたい上にザガーロを服用したい人は、まず医師に相談するようにしましょう。

 

ザガーロの副作用が心配なら、専門クリニックに相談を

副作用を心配することなくザガーロを服用して、ばっちり薄毛を改善したい。その願いをかなえるためには何と言っても、AGA専門クリニックの医師と二人三脚で治療を進めることが大事です。

AGA専門クリニックはこれまでの豊富なAGA診療データから、その人に一番合うAGA治療法を提案します。

薬にはその人の体質との相性があることから、場合によってはザガーロ以外の方法での治療を勧められることもあるかもしれません。そしてクリニックでは食事やシャンプー方法など、薄毛を予防するために効果的なアドバイスをする場合もあります。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)の場合、ザガーロを服用してのAGA治療にかかる費用は初回14,500円、2回目以降は32,500円となっています(いずれも診察費・税別)。

ただAGA治療は専門クリニックであっても一般皮膚科であっても、厚生労働省の健康保険適用外となっている自由診療扱いです。AGA専門クリニックだから割高な自由診療で、一般皮膚科なら保険診療ということはありません。価格には検査代やカウンセリング代なども含まれているクリニックもあります。

AGA専門クリニックには、AGA治療のエキスパートがトータルで治療にあたるメリットがあるのではないでしょうか。

ザガーロの他、AGA治療の様々な情報についてまとめた記事もございます。

そちらにも、AGA治療の基本的な知識や病院選びなどの、AGA治療に役立つ情報をまとめてあります。ご興味があればお読みください。

 

<まとめ>

ザガーロはきちんと使えばたいへん効果的な薬だということがお分かりいただけたでしょうか。

薬のことは専門のクリニックに相談するのが近道です。当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のホームページにもAGA治療の流れを説明したページがあります。よろしければ併せてご参照ください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】フィナステリドの効果、どれぐらいで実感できる?

次の記事

【クリニック監修】ザガーロの効果、そのすべてがわかる