薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > AGAの予防 > 【クリニック監修】AGAの対策にシャンプーは効果がある?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】AGAの対策にシャンプーは効果がある?

【AGAにシャンプーは効果ある?】AGAは(男性型脱毛症)と呼ばれる、中年男性によく見られる加齢の症状。AGA自体は男性ホルモンが作用する症状ですが、シャンプーは効果的なのでしょうか。シャンプーで毛髪の健やかな成長と、頭皮や毛髪の衛生環境は保てるのでしょうか。AGAの予防や対策にシャンプーが有効なのかどうかを調べました。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

AGA対策にシャンプーは大事?

AGA以外にもある、頭皮環境の悪化で起きる皮膚疾患

AGAに限らず、抜け毛や薄毛の症状は、頭皮の状態がとても重要なものです。なぜなら、髪の毛は頭皮から生えてくるもの。その頭皮の環境が悪ければ、髪の毛の健やかな成長に悪影響を及ぼすからです。

抜け毛の症状の中には「脂漏性脱毛症」や「ひこう性脱毛症」と呼ばれるものがあります。これは、皮脂の分泌が異常をきたして頭皮に炎症が起こったり、皮脂やフケが毛穴をふさぐことで毛髪の成長を妨げてしまう症状です。

シャンプーで頭皮環境を整えるのは、髪の“土壌作り”と同じ

生活環境が乱れたり、不衛生な生活を送っていると、皮脂などの汚れが溜まって毛穴が詰まったり、頭皮が乾燥してターンオーバーが乱れたりして、栄養素や酸素が頭皮や髪の毛に行きわたらず、髪の毛が健康的に育たなくなる可能性があります。こういった不摂生が、AGAの症状をさらに悪化させる可能性は十分にあります。

その意味で、AGAなどの薄毛の予防や対策に、シャンプーは有効と言えるでしょう。シャンプーで頭皮の脂や汚れを洗い流し、頭皮を清潔な環境に保つことは、髪の毛が健やかに成長できる“土壌作り”に当てはまるのです。

 

AGA・薄毛予防や対策シャンプー選びのポイント

多くのシャンプーに含まれている「界面活性剤」

AGAなどの薄毛の予防や対策に効果が期待できるシャンプーは、いわゆる「育毛シャンプー」と呼ばれているシャンプーです。育毛シャンプーと一般的なシャンプーには、どのような違いがあるのでしょうか。

広く市販されているシャンプーは、一般的に価格の設定のほか泡立ち、汚れ落とし、香りの良さを重視しています。そのため、多くの市販のシャンプーには、界面活性剤や香料、防腐剤といった化学成分が使われています。

界面活性剤は、本来は混じり合わない油分と水分を混ぜ合わせて汚れを落とす働きのある成分で、食器洗い洗剤などに含まれています。つまり、頭皮や髪の毛を、食器洗い洗剤で洗っているようなものです。確かにキレイにはなりますが、頭皮や髪の毛の健康を考えると、良いわけがありません。

シャンプー選びは、自分の頭皮のタイプにあった「育毛シャンプー」を

界面活性剤以外にも、過度な香料などの皮膚に対して刺激を与える成分は少なからず含まれています。肌の弱い人やアレルギーを持っている人には悪影響を及ぼすことがあります。すすぎ残しで頭皮や髪の毛に化学成分が残っていれば、その影響が長く続くことになります。

界面活性剤には、頭皮や髪の毛を「キレイにし過ぎる」問題もあります。なぜなら、頭皮や髪の毛の表面にある油分は、頭皮や髪の毛を乾燥から守る作用もあるからです。界面活性剤で必要な油分まで取り除いてしまった状態は、畑で例えると「栄養のない痩せた土地」のようなものです。

さりとて、一般的に頭皮は他の部分の皮膚に比べて皮脂が多いため、皮脂分泌が多いタイプの人が、皮脂汚れを落とせない“洗浄力の弱いシャンプー”で洗い続けているのも問題です。状況によっては、「脂漏性皮膚炎」をおこすなどの、また違った皮膚疾患や、脱毛の原因にもなり得るでしょう。

このようなトラブルを避けるため、AGAなどの抜け毛や薄毛に対しては、値段などで安易に選んだ市販のシャンプーではなく、ご自分の頭皮の状態に合った「育毛シャンプー」と呼ばれるシャンプーを使うことをお勧めします。

 

薄毛予防や対策に効果が期待できる「育毛シャンプー」とは?

「アミノ酸系シャンプー」

いわゆる「育毛シャンプー」と呼ばれているシャンプーは、市販のシャンプーが抱える問題点を考慮した成分になっています。なるべく化学成分を配合していないので、頭皮や髪の毛に優しいことが特徴です。

その主成分は、界面活性剤ではなく「アミノ酸系」です。そもそも、髪の毛を構成するタンパク質はアミノ酸でできているので、髪に優しいという特性があります。乾燥肌や敏感肌はもちろん、アトピー性皮膚炎の人でも比較的安心して使用することができます。

「シリコン配合シャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」

また、一般的なシャンプーの多くにはシリコンが配合されています。シリコンは水分の蒸発を防ぐ保湿コーティング剤です。髪がきしんで指通りが悪い、ごわつく、などの時は、シリコン配合のシャンプーを使うことで、滑らかな仕上がりにすることができます。
しかし、一方で、育毛治療で使用する育毛剤などの浸透を阻害します。育毛治療を併用するような場合は、ノンシリコンシャンプーを選びましょう。

育毛シャンプーに含まれる成分

また、育毛シャンプーには、頭皮環境をサポートする成分が多く含まれています。代表的な成分を紹介しましょう。

・グリチルリチン酸2K
頭皮を健やかに保つ効果があります。
・サリチル酸
殺菌成分があり頭皮を清潔にします。
・ピロクトンオラミン
フケやかゆみを防ぎ、育毛に好適な頭皮環境を作ります。
・ニンジン根エキス
同エキスに含まれるジンセノサイドが育毛成分として認められています。
・コラーゲン
頭皮の弾力性や柔軟性、保湿性を高めてくれます。
・ヒアルロン酸
髪や頭皮にうるおいを与える保水力を高めます。

ただし、界面活性剤を使用していない育毛シャンプーは、リーズナブルなシャンプーに比べると、洗浄能力はほどほどです。洗いやすすぎは丹念に行いましょう。

 

シャンプーの仕方を改善してAGA対策

薄毛の予防や対策には、市販のシャンプーよりもいわゆる育毛シャンプーを使った方が、効果が期待できます。その上で、シャンプーの仕方を改善することで、より高い効果につながります。

まずは自分の頭皮のタイプに合うシャンプー選び!

まず、いま使っているシャンプーの成分が、自分の体質に合っているのかを確認しましょう。人の頭皮は、乾燥肌だったり皮脂が多めの人もいたりして、それぞれ違います。体質に合ったシャンプーを使えば、より高い効果が期待できます。

シャンプーの他にも、洗い方や乾かし方で抜け毛予防

当然ですが、シャンプーの使用法を正しく守りましょう。シャンプー液を適量以上に使ったりすると、(いくら頭皮や髪にやさしい成分の)育毛シャンプーでも、頭皮や髪に負担をかける可能性があります。

洗い方も大切です。頭皮マッサージも兼ねて、やさしく洗いましょう。ガシガシと爪を立てて髪を洗うと、頭皮にダメージを与える可能性があります。またシャンプー成分が頭皮に残らないよう、丹念なすすぎ洗いも大切です。
そしてシャンプー後は、しっかりと髪を乾かしましょう。髪が濡れていると、雑菌が繁殖する原因になり、頭皮環境が悪化する原因になります。

 

シャンプーに適した時間はあるの?朝シャンプーは抜け毛の大敵?

シャンプーのやり過ぎは、頭皮や髪の毛の油分をすべて洗い流してしまう可能性があります。健康な頭皮環境を保つために、シャンプーを1日に何回も行う必要はまったくありません。よほど脂性の人でもない限り、シャンプーは1日に1回で十分です。

では、1日の中でもっともシャンプーに適した時間は何時なのでしょうか? 実は、シャンプーには特に「何時頃がベスト」という時間はありません。朝でも夜でも、シャンプーの効果は同じと言えます。

時に「朝シャン(朝のシャンプー)は育毛に良くない」と言われることもありますが、医学的な根拠はありません。ただ、朝はとても忙しい時間です。その中でのシャンプーは、ともすれば雑になりがちです。すすぎ残しで洗剤成分が頭皮に残留したり、乾燥がおろそかになる場合もあります。こういった点に気をつければ、朝シャンでもまったく問題ありません。

 

シャンプーはあくまで「育毛」。AGAには「発毛」のアクションを!

このように、適切なシャンプーの習慣は、薄毛の予防や対策に効果が期待できます。しかし残念なことに、育毛シャンプーに期待できるのはあくまで「育毛効果」であり、「発毛効果」ではありません。

AGA(男性型脱毛症)は、テストステロンという男性ホルモンがより強力なジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変異し、毛乳頭細胞に作用して毛母細胞のはたらきが弱まることから発症します。

人間の髪の毛は1日100本抜け落ちますが、同時に100本の髪の毛が生えるので、髪の毛のボリュームは一定に保たれます。しかしAGAを発症すると、充分に成長する前の髪の毛が抜けてしまったり、ヘアサイクル中の成長期が短くなるなど生える髪の毛よりも抜ける髪の毛の方が多くなるため、次第に髪の毛が薄くなっていくのです。

このように、いくら育毛シャンプーで頭皮の環境を整えたところで、残念ながら育毛シャンプーには、AGAの症状を抑制する効果はありません。

AGAには、厚生労働省から承認された、発毛効果が認められた治療薬が存在します。AGAを治療して発毛を促したい場合は、AGAの専門クリニックに通院するなどして、適切なAGA治療を行うことが大切なのです。

では、育毛シャンプーは、薄毛治療にはまったく効果がないのでしょうか。そんなことはありません。育毛シャンプーは、頭皮や毛髪を清潔な状態に保ち、発毛に適した環境を整えてくれます。つまり育毛シャンプーは、薄毛治療の治療効果を高めるという意味で、大きな役割を担っているといえます。

育毛シャンプーの活用はAGAの根本的な治療にはなりません。
AGA治療の一環の頭皮サポートという意味では、シャンプーは不可欠なものなのです。

AGAについての詳しい情報をお知りになりたい方は、こちらの記事をお読みください。

 

 

毎日のシャンプーを改善してAGA対策を!

AGAなどの薄毛の対策と、シャンプーについての記事はいかがでしたか?
シャンプーは、AGAの根本的な治療法ではありません。それでも、自分の体質に合った育毛シャンプーを使うことで、AGA対策に一定の効果が期待できることがお分かりいただけたと思います。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

AGAって自然治癒するの?

次の記事

【クリニック監修】フィナステリドの効果、どれぐらいで実感できる?