薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > AGAの治療 > AGAって自然治癒するの?

更新日:|公開日:

AGAって自然治癒するの?

【AGAは自然治癒する?】AGAは若くても発症します。まだ若い年齢での発症なら、抜け毛が収まっていつの間にか自然治癒することはないのでしょうか。加齢と共に進行するAGAの自然治癒について考えましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

「AGAは自然治癒するの?」そんな疑問をお持ちの方へ

「何だか頭が薄くなったような気がする…」「最近風呂でよく毛が抜けるな…」
そんな小さな気づきから自身の薄毛に気づく人は多いでしょう。
そして、その気づきが確信に変わる頃には、薄毛はかなり進行しているのではないでしょうか。

「ヤバい。これもしかしてAGAってやつ?」
そう、多分その予想は当たっています。

AGAは自然治癒するのでしょうか。
一時的に毛が抜けたとしても、治ってまた生えてきたりはしないのでしょうか。
円形脱毛症だって、一度毛が抜けてもまた生えることがあるじゃありませんか。
AGA の自然治癒についてお話ししましょう。

 

残念ながらAGAは自然治癒しません

AGAの自然治癒に淡い期待を寄せている皆さんには、少々ショッキングな結論からお話しすることになってしまうのですが。
残念ながらAGAの自然治癒はありません。

そもそも、AGAと円形脱毛症は、その発生のメカニズムが全然違います。
円形脱毛症は、多くの場合ストレスが原因とされることが多く(※)、その原因となるストレスが軽減されれば、回復に向かう事もあります。
(※円形脱毛症の原因と治療法については、まだ解明されていません。あくまでも傾向です。)

しかし、AGAに自然治癒はありません。途中で進行が止まることもありません。
治療せず、放置しておけばどんどん進行します。そのうち、今ある髪も減っていってしまいます。そのため、早期の治療開始が将来を分けます。

気になっている方は、一刻も早く治療をスタートさせ、進行を食い止めましょう。そのほうが、目標とする毛量への治療期間が短く、費用負担も軽くすむのです。

そして迷っている方は、とりあえず無料のカウンセリングを利用して、詳しい治療内容について確認、相談されると良いでしょう。
兎にも角にも、AGAの治療開始は、早ければ早いほうがいいのです。

 

AGAとは

AGAは成人男性の3人に1人が悩んでいる脱毛症

AGAとは「男性型脱毛症(Androgenetic alopecia)」の略称です。
最近では「MPHL(male pattern hair loss)」という呼び方もあるようです。
成人男性の3人に1人がAGAに悩んでいると言われます。
加齢とともに髪が薄くなるのは自然現象とも言えますが、AGAはもっと早い年齢から、早い人だと20代から薄毛になります。

ヘアサイクルとAGA

人間の頭髪は、ヘアサイクルという周期のもとに生え変わりを繰り返しています。
ヘアサイクル
髪が太く長く成長する:成長期
⇒髪が成長を止める:退行期
⇒髪が抜け、毛根で新しい髪が生える準備を始める:休止期
⇒再び成長期

このサイクルは、個人差はあるものの男性で約2~6年、女性で4~6年と言われており、そのうち一番長いのが成長期です。
ヘアサイクルの大半を占める成長期に、髪は成長し、太く長く伸びます。

このヘアサイクルが乱れて休止期で停滞し、成長期が短くなってしまうのがAGAです。
成長期が短くなると、本来なら成長するはずの髪が成長途中で抜けてしまいます。
次に生えてきた髪もまた成長しきらないうちに抜けてしまいます。
生えてくる髪、生えてくる髪がこうして早々と抜けてしまうことにより、頭皮全体が「薄い」感じになる、これが「薄毛」の状態です。

通常でもひとの毛髪は1日に50~100本くらいは抜けています。これを「自然脱毛」といいますが、その場合は、普通に成長した毛が抜けます。
AGAの場合は、産毛のような細くて短い毛が抜けることが特徴です。

AGAにおいては髪の抜け方にいくつかパターンがあり、特に頭頂部と前頭部の脱毛がハッキリ見られます。

AGAチェック
□ 家族に薄毛の人がいる
□ つむじ周りが薄くなってきた
□ 抜け毛が増えた
□ 生え際が薄くなってきた
□ 明らかに髪のボリュームがダウンしている
□ 生活が不規則
□ 細くて短い毛がよく抜ける
当てはまる数が多ければ多いほどAGAの疑いがあります。
多く思い当たったら、なるべく早くカウンセリングを受け、必要な治療をスタートさせましょう。

また、クリニックで行うAGAの診断についての情報はこちらの記事にまとめてありますので、合わせてお読みください。

 

AGAのメカニズム

長年の研究により、AGAの原因がある程度分かってきました。
最も大きな原因と考えられているのは「男性ホルモン・テストステロン」です。

テストステロンが体内で合成されている「5αリダクターゼ」という還元酵素の作用によって、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンに変換します。

このDHTが、毛乳頭細胞にある受容体と結合することにより、毛母細胞の成長をコントロールするシグナルが発せられ、頭皮では発毛が抑制されてしまうのです。

(中見出し)
AGAの原因は複数複合型

ただ、AGAの厄介なところは、原因は実は一つではなく、複合的だということです。
遺伝やストレスの影響も受けています。
また、睡眠時間や栄養状態などの生活習慣の影響も受けています。
「貴方の場合、原因はコレですね」と1つに絞れないところにも、対策の難しさがあると言えます。

今後の治療を考える時、原因をある程度明確にしておくことはとても大事な事です。
どのクリニックでも、カウンセリングなどで原因を絞り込み、治療に入ります。

当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、下記のようなカウンセリング(無料)を行っています。

AGA・薄毛治療の無料カウンセリングの流れ

1.問診票の記入
これまでの病歴、毛髪の状態、生活習慣などを記入していただきます

2.カウンセリング
記入していただいた問診票を見ながらスタッフがカウンセリング(初回のみ)

3.血液検査
薬剤投与に影響がないか調べます

4.オプション検査
さらに詳しく薄毛や抜け毛に関する要素を調べます

・AGAリスク遺伝子検査
AGAの遺伝要因によるリスクや、治療薬を調べて選択するため

・アンドロゲンレセプター遺伝子検査
男性ホルモンの受容体の感度を調べます。また、個々の治療方針を決定するための指標ともなります。

・ミネラル検査
髪の毛のミネラル含有量を調べ、脱毛症の原因の1つとして考えられる、ミネラルのバランスを調べます。

本格的な治療に入る前に必要な検査をしておくことで、より効率的な治療が可能です。

確実なAGA治療をしていくための検査は「急がば回れ」

「クリニックに行くと検査をしてお金がかかる」なんて思っていませんか。
でも、きちんと原因を絞り込むことなく、通り一遍の治療をしても、それが原因にピシャリと当てはまり、効果が発揮されて薄毛の悩みが解消される、などというラッキーはなかなかありません。

むしろ、的外れの治療にお金と時間をかけるだけで、必ずしも望んでいた治療経過が得られないことも多いものです。
「急がば回れ」はAGA治療にも言えることかもしれません。

 

AGAは自然治癒できません/現在のAGA治療は

自然治癒することのないAGA。
ところで、自然治癒の定義をご存知ですか?

「自然治癒」とは

Wikipediaによると、自然治癒力とは

人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す表現。手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のこと」と定義されています。
(引用元:Wikipedia 「自然治癒力」

つまり、体にもともと備わっている病気やケガを乗り切る力、ということでしょうか。
確かに、ちょっと膝をすりむいても数日で治り、風邪をひいて熱を出しても一週間か十日もあれば普通は治ってしまいます。そういうことですね。

AGAが自然治癒しないのは、生命に直接影響しないから?

そしてAGAが自然治癒しない、ということは、ヘアサイクルが乱れても人間の体はそれを自力で修正して正常化することがない、ということです。

非常に微妙な問題ですが、薄毛は生命に直接関係しない症状です。ケガや病気のように健康を維持できない状態というわけではありません。
生命に直接関係しない症状に対して、人体が自然治癒力を発揮する必要はない、とカラダが判断しているのかもしれませんね。

また、AGAを引き起こす男性ホルモンを抑えることは、人類の種の存続にも影響を与えるので、逆にできないのかもしれません。

AGA治療の進歩は日進月歩。悩むならぜひ有効な治療法を

とはいえ、薄毛に悩む人には深刻な問題です。
人は社会性の生き物ですので、社会で自分がどのように存在し、自分以外の人にどう見られるか、ということが、ひとによっては毎日の衣食住を保つのと同じくらい重要なことなのもまた事実です。
自然治癒しないなら、薬物をつかった治療をして、どうにかして少しでもその悩みを解消させたい、と思うのも当然のことでしょう。

他の疾患と同様に、AGA治療もまさに日進月歩。
自然治癒はしなくても、体に起こった異常を修正するための治療法はあります。
現代のAGA治療では、発毛に有効な成分で発毛・育毛を促したり、原因となるDHTの産生を抑制したり、いくつもの治療法が行われています。

AGAの具体的な治療法

・乱れたヘアサイクルを正常化させ、発毛を促す「ミノキシジル」

ミノキシジルは、毛乳頭細胞に直接働きかけて、乱れたヘアサイクルを正常化させます。
毛根の毛母細胞の細胞分裂を活性化させることで休止期の毛根を成長期へと導き、その成長期を延長させるのです。

また、AGAを発症すると、毛包という毛根で「毛を包み込んでいる器官」が小さくなって、毛も細くなるのですが、ミノキシジルは毛包の矮小化抑制作用を持っており、毛包を大きく成長させます。これによって活動が活発化して、発毛に作用するというわけです。

・5αリダクターゼ2型の分泌を阻害し、DHTの産生を抑制する「フィナステリド」(代表的な商品名「プロペシア」)

AGAの直接の原因を抑え込もうというのがこちら。
テストステロンに5αリダクターゼが作用することでDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、その結果発毛が抑制されるのがAGAの発症機序です。
フィナステリドはその5αリダクターゼの働きを抑えることで、DHTの産生を抑制、結果的に抜け毛を減らし、AGAの進行を遅らせます。

・5αリダクターゼ1型&2型両方の分泌を阻害し、DHTの産生を抑制する「デュタステリド」(代表的な商品名「ザガーロ」)

こちらも、AGAの原因を抑え込む治療です。
フィナステリドと同様に、5αリダクターゼの働きを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えます。
フィナステリドが2型の5αリダクターゼの分泌を抑えるのに対し、デュタステリドは、1型と2型両方の5αリダクターゼの分泌を抑えます。
AGA治療薬の中では一番の新顔です。

これらの薬剤を単体で使用、或いは併せて使用することによって、AGAの進行を遅らせたり、発毛させたりするのが、現在のAGA治療です。

「攻め」と「守り」有効なAGA治療薬を組み合わせて、効率良く目標の毛量へ

ミノキシジルはもともと高血圧症の患者さんに向けた降圧剤として開発されましたが、服用した患者さんに多毛症の副作用が現れたことから、発毛成分として転用されました。
フィナステリドとデュタステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬でしたが、その後の研究で男性型脱毛症において進行を抑制する効果が認められたため、AGA治療薬として研究開発が進められ、今日に至ります。

積極的に発毛を促す「攻めの治療」と抜け毛を防ぎ、AGAの進行を遅らせる「守りの治療」。
どちらもAGAには大事な治療です。
どの治療を選ぶかは、その人の薄毛の状態や今後の希望などをお伺いしてから決定することになります。

 

AGAは自然治療しないけれど/治療薬以外の日常的な対策は

「薄毛改善のために薬にすがりたい!」 その気持ちはよく分かります。
しかし、薬による治療だけでなく、日ごろの生活習慣も是非見直してください。

生活の中で見直したい「AGAの対策としてできる事」

・睡眠
現代人は夜更かしになりました。睡眠時間も短くなっていて、万年睡眠不足を訴える人は少なくありません。

厚生労働省の平成27年の調査によると、1日の睡眠時間が6時間未満の人の割合は39.5%でした。(※1)
髪は寝ている間に育つ、などとも言われますが、髪の成長に関与する成長ホルモンが一番多く分泌されるのは入眠後約90分後と言われています。
一般的に、まとまった時間に睡眠を取れる夜の睡眠時に、良質な深い眠りに入っているかいないか、は大事です。

寝る前のスマホやパソコンが睡眠の質を低下させることはもうご存知ですね。
何かと用事も誘惑も多い毎日ですが、できるだけ早寝を心がけていただきたいものです。

(※1参照|厚生労働省「平成27年 国民健康・栄養調査結果の概要【3.睡眠の状況】1日の平均睡眠時間の年次推移(20 歳以上、男女計)」P 27図39.図 39 1日の平均睡眠時間の年次推移(20 歳以上、男女計)(平成 17~27 年)より」)

・食事
偏った食事、不規則な食事は健康に良くありません。
健康に良くないことが髪に良いはずもありません。

髪の健康のためには、どの栄養素も必要ですが、特にタンパク質とミネラルとビタミン。
この3つの栄養素を意識して摂取するようにしてください。

・過度の飲酒や喫煙
アルコールは肝臓で分解されます。その際、体内のアミノ酸を大量に消費します。
過度の飲酒は、より大量のアミノ酸の消費につながり、本来なら髪に行くべきアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまうため、髪がより細く弱くなってしまいまう事も考えられます。(※1)

また、喫煙は血管を細くするため、血行が悪くなります。血行が悪くなると髪に必要な栄養が頭皮にまで届かない、という事態が起こり得ます。
過度な飲酒はなるべく控え、できる事なら禁煙を目指しましょう。

(※1 参照|K2U 「毛髪ケラチンのアミノ酸組成」

・ストレス
現代人は誰しもがストレスを抱えて生きています。
過度のストレスは、自律神経に悪影響を与え、免疫力の低下にもつながります。
それが食欲不振や睡眠不足にもつながり、体に良くない状態がつくられます。
また、ストレスによってホルモンバランスが崩れることも体には良くありません。

なかなかストレスをゼロにするというわけにはいきませんが、ストレスを軽減する、或いはストレスと上手に付き合うよう、心がけましょう。

「AGAは自然治癒しない」でも、AGAを遠ざける生活習慣はあります。

いかがでしょう。
生活習慣の見直しは、「コレをやめたら薄毛が即改善される」というものではありません。
しかし、頭皮に良い環境をつくることが未来の髪を守ることにつながります。
どこかの政治家の言葉ではありませんが、「小さなことからコツコツと」取り組んでください。

 

(まとめ)

AGAは自然治癒しない進行性の症状です

――だからこそ、気づいたら早めに治療をはじめ、じっくりと取り組んでいただきたいのです。
始める前は「先が長いな」と思っていても、月日の流れるのはあっという間。
迷っている間にも時間は過ぎ、AGAは進行していきます。
「あの時スタートさせておけばよかった」などと後悔することのないように、新しいスタートを切ってください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】保険は適用される? AGA治療

次の記事

【クリニック監修】AGAの対策にシャンプーは効果がある?