薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薄毛 > 【クリニック監修】薄毛でもパーマはかけられる?薄毛をカバーするパーマについて

更新日:|公開日:

【クリニック監修】薄毛でもパーマはかけられる?薄毛をカバーするパーマについて

「薄毛にパーマは大丈夫?」「パーマやカラーリングは髪が痛むのでかけない」という声を耳にすることがあります。とくに薄毛が気になる人にとって、パーマは究極のNG行為に思われるかもしれません。確かにパーマ液は髪や頭皮に負担をかける成分で作られていますが、技術は日々進化しています。薄毛のパーマについて、考えてみませんか?

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

薄毛でもパーマってかけてOK?

薄毛をカバーするには髪にパーマなどをかけてボリュームを持たせることも方法の1つですが、「パーマをかけると髪の毛が痛んで、ますます薄毛が進行するのでは……?」という心配もあるかもしれません。

確かに、頭皮が弱酸性なのに対し、パーマ液はアルカリ性と酸性なので頭皮を刺激します。

なかでもパーマ液の「1液」は、PH9から9.5のとても強いアルカリ性の「チオグリコール酸アンモニウム塩」などでできています。一方の「2液」の方は、「酸性の臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウム」などです。

パーマをかける際は、通常この2つの液体を使うため、パーマをかける際に「頭皮がピリピリ・チクチクする」といったダメージを与えてしまうことがあり、繰り返しかけていると、髪が細く弱くなったり、頭皮トラブルの原因になるのも事実です。

パーマ液も進化! 適度なパーマで薄毛にやさしく

しかし現在では、髪や頭皮を刺激しない成分で作られたパーマ液の開発も進んでいます。

薄毛をカバーするために、短期間にパーマを何度もかけるのはさらなる薄毛を招くリスクがありますが、ヘアサロンのヘアスタイリストに相談し、自宅でのヘアケア方法のアドバイスを受けた上で、適度にパーマをかけるのであれば、やみくもに恐れる必要はないでしょう。

薄毛に悩んで憂鬱な日々を送るよりも、思い切ってパーマでイメージチェンジすることで、毎日を明るくポジティブに過ごせるようになるかもしれません。

薄毛をカバーするパーマスタイル【男性編】

薄毛をカバーするためには、何といっても髪にボリュームを持たせること。
ボリュームのあるパーマヘアにしなくても、ゆるいパーマをかけるだけで、薄毛がカバーできるようになります。

男性の薄毛の場合、生え際が全体的に薄くなったり、おでこがM字型、頭頂部がO字型に薄毛が進行していくのが特徴ですが、それぞれタイプが違えば、似合うパーマスタイルもそれぞれ違います。

M字型の薄毛が気になっている場合は、サイドを刈りあげてツーブロックにし、長めに伸ばした髪にふわっとしたパーマをかけるのがお勧め。そうすることでM字が目立たなくなります。

生え際が気になる場合はトップにボリュームを持たせるパーマをかけ、前髪をおろすと自然な印象でのカバーができます。

O字型の薄毛にはトップにボリュームを持たるために、ふわっとしたニュアンスのパーマをかけるのがお勧めです。髪を伸ばして強引にカバーするのではなく、ふわっとカールした髪でO字型部分をカバーするようにしてください。

薄毛をカバーするパーマスタイル【女性編】

薄毛に悩むのは男性だけではありません。
女性もホルモンバランスの乱れや加齢などで、薄毛を発症、進行することがあります。

しかし女性の薄毛は生え際や頭頂部が薄くなるというより、全体的に髪のハリやコシがなくなってペチャンコに見えたり、分け目部分が気になるようになるのが特徴です。そのためきっちりセンターで分けた髪を後ろでひとまとめにすると、どうしてもボリュームのない印象を与えてしまいます。

そこでお勧めしたいパーマスタイルは、全体的にゆるふわのパーマをかけること。とくにトップにボリュームを持たせることで、分け目を目立たなくすることができます。

パーマをかけた後もかけっぱなしにせず、定期的にカーラーを巻いてカールをキープするようにしてください。

前髪を厚めに作り、長めおろすことでボリュームを出すのもおすすめです。

また「薄毛は気になるけどパーマはちょっと」という場合は、トップを重めにし、襟足やフェイスラインにかかる毛を薄くしたレイヤースタイルも、薄毛をカバーできます。

ただこの際も、できれば髪の根元部分にはパーマをかけたほうがボリューム感が出せます。

 

薄毛が気になる人の、パーマヘアのヘアケアとは

パーマをかけた直後は、髪も頭皮もとてもダメージを受けています。またパーマをかけた直後はパーマがおちやすいため、当日のシャンプーは控えましょう。

さらに2~3日は頭皮に刺激を与えないよう、洗浄力の強いシャンプーを使ってゴシゴシ洗うのは控えてください。頭皮の保湿効果に優れた、アミノ酸系シャンプーがお勧めです。

濡れた状態の髪はキューティクルという成分が開いているので、とても傷みやすくなっています。また髪は濡れたまま長時間放置しておくと雑菌が発生し、頭皮や髪がにおう原因にもなります。シャンプー後には、ドライヤーを使って、なるべく早く乾かしましょう。

ドライヤーを使った髪の乾かし方のコツ。

ドライヤーのかけ方も、薄毛が気になるパーマヘアのみならず、薄毛に悩む人全般にとって注意が必要です。

まずはシャンプー後、乾いたタオルで優しく水分をタオルドライしてから、ドライヤーの風量を弱にして10~20センチ程度話して使うようにしましょう。
60℃以上の高温の風を当てると髪のタンパク質が分解して、髪を痛める原因にもなるので注意が必要です。
ドライヤーをかけながらパーマヘアをセットする際はあまり高音設定にしないように、さらに強くブラシをかけると薄毛の原因になるので、優しくブラッシングするように心がけましょう。

(上記参考:ヘアメディカルブックH-33)

 

そもそもどうして薄毛になるの?根本的な理由を知りたい

薄毛や抜け毛の原因には、「ヘアサイクル」(毛周期)と呼ばれる周期の乱れが大きく関わっています。

髪は、生まれてから抜け落ちるまでを一定のサイクルで繰り返しています(ヘアサイクル)。

ヘアサイクル「成長期」「退行期」「休止期」

ヘアサイクルはまず、毛母細胞から髪が作り出される「成長期」から始まります。人間の頭皮の髪の9割が、この成長期の状態です。生まれたての柔らかな髪は成長期の期間中に、しっかりとした毛に成長していきます。

成長期を終えた髪は細胞分裂がストップして、徐々に成長を止めていく「退行期」に入ります。この退行期は2週間程度続き、それも過ぎると3~4か月程度続く「休止期」を迎え、髪は抜け落ちていきます。

このヘアサイクルは男性は2~5年、女性は4~6年と言われています。

ヘアサイクルが乱れる様々な原因

ヘアサイクルが順調であれば常に髪は生まれては抜け落ちを繰り返しますが、乱れると成長しきっていない毛が抜け落ちてしまい、薄毛が目立つようになってしまうのです。

ではなぜヘアサイクルの乱れは起きてしまうのでしょうか。それはストレスや皮膚炎、円形脱毛症などの病気、出産などによるホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられています。またAGA(AndrogeneticAlopecia)と呼ばれる男性型脱毛症や、FAGAと呼ばれる女性特有の男性型脱毛症も、薄毛を引き起こす原因となっています。

またFAGAについてはこちらのコラムもあります。

よろしければ併せてお読みください。

薄毛はパーマでカバーすることはできますが、ヘアサイクルの乱れはパーマでは改善できません。薄毛を目立たなくするためのパーマではなく、ヘアスタイリングを楽しみたいからかけるパーマのためには、まずはヘアサイクルの乱れを整える必要があるのです。

 

薄毛そのものを改善したいなら

パーマをかけて薄毛をカバーして、日々ヘアケアに気を使っていても、薄毛自体はそれで食い止めることはできません。

ストレスや皮膚炎、円形脱毛症などの病気、出産などによるホルモンバランスの乱れなどが原因の薄毛は、原因を解明し、適切な治療をすれば改善されることが多くあります。(※円形脱毛症はまだはっきりとした原因や治療法がわかっていません)

またAGA(AndrogeneticAlopecia)と呼ばれる男性型脱毛症や、FAGAと呼ばれる女性特有の男性型脱毛症の場合も、専門クリニックなどで治療をうければ改善できるようになってきています。

パーマで治らないAGAの薄毛なら、AGAや発毛治療専門のクリニックへ

頭髪治療専門クリニックでは、これまでの豊富な診療例をもとに頭髪治療の医師が1人1人違う薄毛の原因を突き止め、その人にマッチする治療法を探し出してくれます。

もちろん当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では無理なプランを組んだり、強引に治療を勧めることはありません。

薄毛をカバーする目的でパーマをかけるのではなく、パーマヘアを楽しみたいからパーマをかける。そんな日常を手にするために、薄毛に悩んだら一度、AGA専門クリニックの扉を叩いてはいかがでしょうか。

<まとめ>

パーマ液に含まれる成分は髪に負担をかけるのは事実ですが、技術は日々進化していますし、パーマをかけることで薄毛をカバーすることも可能です。

ただパーマでは薄毛を改善することはできません。パーマなどのヘアスタイリングを楽しみながら根本的に薄毛改善を目指すなら、AGA専門クリニックにぜひ相談してみてください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】抜け毛の本数、1日何本以上なら対策が必要?

次の記事

薄毛に亜鉛は効果ある?