薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 抜け毛 > 【クリニック監修】抜け毛に効くサプリを知りたい!

更新日:|公開日:

【クリニック監修】抜け毛に効くサプリを知りたい!

さまざまな健康食品(サプリ)があふれている現代社会。たくさんのサプリの中で、髪の毛に良いサプリ、抜け毛を防いでくれるサプリはあるのでしょうか。
「サプリだから副作用はない?」「薬より気軽に飲める?」そんな疑問にもお答えします。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

抜け毛が気になるけど、サプリって効果あるの?

抜け毛に悩む女性は少なくありません。
ブラッシングのたびにブラシに絡まる抜け毛、シャンプーのたびに排水口に溜まる抜け毛を見てため息、、、、、。

シャンプーのチョイスにも気を遣い、丁寧に洗い、すすぎ、マッサージ、、、育毛ローション。髪に良かれと思うことはとりあえずやっているのに、毎日毎日抜けていく髪の毛…

「膝や腰にいいサプリ、とか目にいいサプリがあるなら、髪にいいサプリもあるんじゃない?」
そんな声が聞こえてきそうです。
確かに、そうですね。

抜け毛に効くサプリってあるのでしょうか。

 

抜け毛対策に有効なサプリがあります。ちゃんと選びましょう

ご安心を。抜け毛に有効なサプリメントはあります。
薬ではないとはいえ、サプリも口に入れるもの。使用法や用量などをよく見て、それを守って使用すればきっと良い効果を生んでくれるでしょう。

髪の毛はタンパク質でできています。そのため、健康的な髪の毛を育てるには、タンパク質が必要です。
どんなタンパク質?
いや、そもそもサプリってどんな役割をしてくれるの?
焦らず、ゆっくり読み進めてくださいね。

 

そもそもサプリとは

考えてみたら、私たちの日常には「サプリメント」という言葉が頻繁に出てきます。
すぐに思い当たるのがテレビのCM。「足、腰、膝には●●」「視力の衰えを防ぐなら●●」「疲れが取れにくいと感じたら●●」といったCMを見ない日はありません。

一般に
健康食品⇒健康の保持増進に資する食品全般 を指し
サプリメント⇒特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品 とされています。

私たちの口に入るものは、大きく「食品」と「医薬品・医薬部外品」に分かれます。
「食品」はさらに「一般食品」と「保健機能食品」に分かれ、
「一般食品」に健康食品やサプリメントが含まれ、
「保健機能食品」は「特定保健用食品(トクホ)」、「栄養機能食品」「機能性表示食品」に分けられます。

(出典:彩の国埼玉「いわゆる健康食品について」

 

サプリ=サプリメント。英語表記では「Supplement」で、「補助・補足・追加・付け足・補充」という意味を持ちます。

しかし、実際のところ、健康食品やサプリメントが普通の食品よりも「健康に良い」のか、「健康に効果がある」のか、となるとその科学的根拠は必ずしも十分とは言えません。
また、これはCMの影響もあるのでしょうが、中には「薬の代わりになる」と感じている人も多く、「薬を飲むよりはこちらの方がいい」などと言う人もいるようです。

しかし、医薬品も、医薬部外品も、食品も、そもそも身体に与える影響が違うのですから比べようもない話です。
また、サプリメントとは言えども口にするものですので、アレルギー体質の人などは注意が必要です。

現在、サプリは健康の維持・増進や病気の予防、食事で不足しがちな栄養素の摂取、補給や強化、疲労回復、美容目的やダイエットなどさまざまな目的で多くの人が利用しています。また、医薬品ではないにしろ、サプリの約5%は治療を目的として使用されています。

(参照)
厚生労働省
多様な健康食品
健康食品の正しい利用法
健康長寿ネット
サプリメントの定義と正しい利用法

 

抜け毛を防ぐサプリの前に知りたい。「抜け毛の原因は?」

抜け毛に効果のあるサプリを探す前に、まず貴女の抜け毛の原因が何なのかをきちんと知らなければなりません。
原因を正しく把握しなければ、良い対策も立てられません。
対策が良くなければ得られる結果も満足できないかもしれません。

女性の抜け毛は以下の原因が考えられます。

生活習慣の乱れ

近年女性の社会進出がめざましく増加、今や男性同様に働くことも当たり前になり、Wワークをこなして頑張る女性もたくさんいます。
そのこと自体は悪いことではないのですが、生活が不規則になったり、睡眠不足やストレスを慢性的に抱えていたりすると問題です。

入眠90分後からは、成長ホルモンが最も分泌されます。
良質な睡眠をとることは、お肌のためだけでなく、髪のためにも良いのです。
仕事がら、なかなか毎日ゆっくりと眠っていられない人もいらっしゃるとは思いますが、できるだけまとまった睡眠をとって睡眠不足は避けるよう、リズムを整えましょう。

食生活の乱れ

時間がないから、インスタント食品、ファーストフードで済ませたり、栄養補助食品でごまかしたり。そんな「食事もどき」になっていませんか?
こんな食生活ではビタミンやミネラルが不足しがち。栄養が偏っていては心身はもちろんですが、髪にも良くありません。
もともと髪の毛は、栄養不足の影響を受けやすい部位です。
過剰なダイエットや偏食を避け、バランスの良い食生活を心がけてください。

タバコ

働く女性が増え、ストレスからタバコを吸う人も多いのでしょうか。
喫煙者の多い世代が高齢化し、喫煙と健康に関するする知識の広まりなどから、男性の喫煙者は減少しているのに、女性の喫煙者は男性ほど減少していません。

でも、タバコは身体に「百害あって一利無し」。
タバコに含まれるニコチンが毛細血管を収縮させ、血行を悪くします。
また、タバコを吸うことは、タバコの煙の三大有害成分の一つである一酸化炭素を吸うことになります。一炭化炭素は血液の流れを悪くする原因となります。
つまり、タバコを吸うことで血流が悪くなるのです。
また、体や髪に必要なビタミンを壊し、活性酸素も発生させるため、いいことはあまりありません。できることなら喫煙か、せめて減煙を。

過度の飲酒

お酒が髪に良くないのではありません。「飲み過ぎ」が良くないのです。
飲みすぎるとアルコールの分解のために働く肝臓に余分な負荷がかかります。アルコール分解に追われ、肝臓は髪の成長のために必要なアミノ酸を消費してしまいます。

ヘアカラーやパーマなど

オシャレな女性ほど、頻繁にパーマをかけたりヘアカラーでイメージチェンジを図ったりしていますね。
でも、パーマで髪が傷んだ、という経験を多くの人が持っているように、パーマやヘアカラーは髪には負担がかかるものです。
さらに、パーマ液やカラー液は髪の毛だけでなく、頭皮にもダメージを与えます。
何事も「やりすぎ」は禁物。髪のオシャレもほどほどに。

適切でないヘアケア

「1日2回はシャンプーするの」「冬はあまり髪を洗わない」などという人もいるようですが、ヘアケアとしては間違っています(もちろん、風邪を引いた時に数日シャンプーできないということは誰にでもあることですが)。よほど頭皮の皮脂が多いか、汗や汚れが気になる場合以外は、普通はシャンプーは1日1回で充分です。汗をあまりかかない冬でも、頭皮は新陳代謝をし、フケも皮脂も出ています。髪や頭皮の状態に合わせて、適切にケアしましょう。

また、刺激の強いシャンプーを常用していると、本来必要な皮脂まで落としてしまうことになり、頭皮のトラブルのもとになりますので、注意しましょう。

 

抜け毛に効果のあるサプリとは

女性の抜け毛の原因は1つではありません。ストレスや生活習慣、ヘアケアの仕方、ホルモンバランスの乱れなど、いくつかの要因が絡み合って、抜け毛という症状が現れています。
ですから「ここだけケアすれば大丈夫」と簡単にはいきません。
それでも、原因となりそうな部分へのアプローチや髪に必要な栄養を補給することはムダでも無意味でもありません。
体内から頭皮環境を整えるのです。
毎日の食事にプラスαとして、髪に良い成分を含むサプリを上手に取り入れて、少しでも抜け毛や薄毛の防止に努めましょう。

抜け毛予防に効果的とされる成分は

亜鉛

髪の毛をつくるにはタンパク質が重要ですが、亜鉛はタンパク質をつくりだすのに欠かせないミネラルです。多くの育毛サプリに使用されています。

ビタミン

ビタミンAは粘膜や皮膚を強くします。ビタミンB群は毛母細胞を活性化させ、ビタミンCは疲労回復効果だけでなく、コラーゲンの生成に不可欠です。ビタミンEは血行を促進します。ビタミン類はそれぞれ単独で摂取するより、「総合ビタミン」「マルチビタミン」と銘打ってあるもののほうが効率よく摂れそうですね。

アミノ酸

髪の生成に大きな役割を持つアミノ酸ですが、髪に必要なアミノ酸は実に18種類。18種類のアミノ酸をふだんの食生活で摂取するのはなかなか難しいものです。サプリを賢く利用するのも良いでしょう。髪に特に重要なのは、シスチン、グルタミン酸、グリシン、ロイシンの4つです。覚えておいてくださいね。

これらの成分が含まれるサプリを生活に上手に取り入れて抜け毛対策をしましょう。

当脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪でも、「からだエイジング外来」を開設、知見のある医師による診療とサプリメント治療を行っています。
疲労・倦怠感、免疫力や体力の低下、シミ・シワ、内臓疲労、関節痛など、さまざまな体の不調に合わせて、一般の薬局・ドラッグストアでは入手できない、高濃度のドクターズサプリを処方することができます。

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
からだエイジング外来 サプリメント治療

サプリを摂取する際の注意事項

サプリを摂取する際気をつけたいのは、より大きな効果を求めてやたら大量に摂取しないこと。成分によっては目まいや吐き気などの副作用を起こすものもあります。
それ自体の正しい摂取で体調不良が起きることは滅多にありませんが、体調の悪い時や、他の薬を飲んでいる時の飲み合わせなどで体調不良を起こすことが稀にあります。

薬との飲み合わせについては、それぞれのサプリの説明書をきちんと読んでください。
また、サプリを飲んでいるからといって食事は適当でいい、ということではありません。
サプリはあくまでも栄養の「補助」。自分自身でバランスのとれた食事を摂ることを心がけつつ、足りないところを補うものです。

抜け毛対策としてのサプリに、大いに期待しながらも、期待しすぎるのも考えものです。

 

サプリはあくまでもサプリ。治療が必要かどうかを見極めるなら?

抜け毛対策としてサプリを使うことは有効な手段です。
身体の内側から頭皮環境を整え、髪が元気に成長するように、一定の働きはしてくれるでしょう。
ただし、サプリはあくまでも「補助食品」。栄養を補い、髪の毛を元気にすることは期待できでも、直接抜け毛を防ぐ役割や薄毛を防ぐ役割は求められません。

女性の抜け毛をサプリより効果的に防ぐには?
それはサプリではなく、「治療」でしょう。

治療が必要かどうか、自分ではなかなか踏ん切りがつきませんが、一度クリニックの「薄毛チェック」にトライしてみてはいかがですか。

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪は、女性頭髪専門外来のある頭髪治療専門クリニックです。
19年間の実績もあり、抜け毛予防だけでなく、貴女の頭皮を健康にし、発毛へと導きます。また、土日の診察も行っているので、仕事をわざわざ休んで行かなくてもいいですね。

まずは「頭髪セルフチェック」で自身の頭髪がどんな状態かを客観的にチェックしてみませんか。
無料カウンセリングも実施しています。
カウンセリングを受けたからといって治療しなければいけないわけではありません。
サプリを飲みたいというのであれば、その選択の相談にも乗ってもらえます。

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
頭髪セルフチェック
無料カウンセリング

 

サプリは抜け毛にある程度は有効。でも治療とは違う

抜け毛とサプリの関係、ご理解いただけましたか。
サプリを日々の生活の中に上手に取り入れることは、良い抜け毛対策です。
でも、サプリはあくまでもサプリ。頭皮環境を整えたり、頭髪の維持に役立ってはくれますが、根本的な解決は望めません。

抜け毛・薄毛の根本的な解決を望むなら、発毛治療専門クリニックでの治療をお勧めします。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】抜け毛が止まらない!抜け毛の原因と対策について

次の記事

【クリニック監修】女性の薄毛で行く病院はどこ?