薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 抜け毛 > 【クリニック監修】抜け毛の細い毛の割合が気になる!多いとAGA進行中?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】抜け毛の細い毛の割合が気になる!多いとAGA進行中?

若い頃は抜け毛も若若しく、太くて堂々としています。しかし年齢を経るにつれ、心なしか弱々しく細くなってきている…。そんな風に思ったことは、ありませんか?

もしかするとその抜け毛、男性の抜け毛症状の代表選手である「AGA(男性型脱毛症)の危険シグナルかもしれません。今は「抜け毛が増えたな〜」という程度かもしれませんが、近い将来「抜け毛になる髪の毛すらない…」という状況に追い込まれる可能性もあるのです。
抜け毛の細い毛の割合がもたらす意味を知り、脱毛の予防を今のうちから心がけましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

要注意!抜け毛に細い毛の割合が増えるって、どういう意味?

細い抜け毛の割合が増えたということは、わかりやすく言えば「完全に成長する前に、発育不良の状態で抜け落ちる髪の割合が増えた」、ということを意味しています。

男性ホルモンの作用と抜け毛

男性の脱け毛の原因の大半は、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものです。これは、男性ホルモンのテストステロンが、頭皮の毛乳頭にある5αリダクターゼという還元酵素の働きにより、ジヒドロテストロン(DHT)という、より活性化した男性ホルモンに変化することで起こります。
このDHTが頭皮の毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結合すると、髪の毛を作り出す毛母細胞に「髪の毛を作るのをやめろ!」という指令が出てしまうのです。

これによって毛母細胞の働きが弱くなり、細くて弱々しい髪の毛しか育たなくなります。そして成長が維持できなくなると、髪は途中で抜け落ちてしまうのです。

 

もしかしてAGA! 抜け毛に細い毛の割合が増えると?

抜け毛に細い毛の割合が多くなっているということは、このAGA(男性型脱毛症)が進行している危険性がきわめて高いといえます。

また、抜け毛に細い毛の割合が増えると、困った問題が起きます。
髪の毛は、細いよりも太い方がボリュームが出てフサフサに見えるものです。実際はある程度の本数があったとしても、1本1本が細いとボリューム感が乏しく、薄くさみしく見えてしまうのです。
(AGAが進むと、実際にもどんどん薄くなっていくのですが…。)

 

ヘアサイクルのメカニズムを知ろう!

人間の髪の毛は発毛と脱毛を繰り返す「ヘアサイクル」と呼ばれる一定の周期をもっています。

すべての髪の毛が同じタイミングで発毛し、同じタイミングで脱毛するわけではありません。それぞれの毛母細胞は、それぞれのタイミングで、1本ずつ発毛と脱毛を繰り返しています。

個人差はありますが、人間の頭部の髪の毛は10万本あり、1日に100本の髪が生え変わると言われています。抜け落ちる髪の毛と生えてくる髪の毛の数がほぼ一緒なので、トータルの髪の量は、正常なヘアサイクルならそれほど変わらないのです。

なお、ヘアサイクルには個人差があり、一般的には、成人男性で3〜5年、成人女性で4〜6年が一つの目安といわれています。

<ヘアサイクルの過程>

監修:東京女子医科大学 皮膚科 前教授・講座主任 川島 眞

 

ヘアサイクル(1)「成長期」(2年~6年)

毛母細胞が細胞分裂し、上に押し上げられた細胞が角化して毛髪になります。毛母細胞が細胞分裂している限り、毛髪は太く長く成長していきます。
ヘアサイクルの8~9割が、この成長期に当たります。

ヘアサイクル(2)「退行期」(約2週間)

細胞分裂が弱まることで、髪の毛の成長もスピードダウンします。退行期に入ると、毛根の縮小が始まります。

ヘアサイクル(3)「休止期」(3~4ヵ月)

毛母細胞の活動が完全に停止し、髪の毛の成長はストップします。成長が止まった髪の毛は、その下に新しく生まれた髪の毛の成長に押し出され、抜け落ちていきます。

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、このヘアサイクルの正常な循環に乱れが生じます。その結果、細い毛の割合が多くなり、抜け毛が進むことになります。

次の項目では、その弊害を詳しく解説します。

 

AGAによるヘアサイクルの乱れ。細い毛の割合はその危険シグナル!

前の項目で、人の髪の毛の生え変わりについて解説しました。
しかしAGA(男性型脱毛症)を発症すると、ヘアサイクルに乱れが生じ、髪の毛はヘアサイクルの「成長期」の期間で、十分に成長することができなくなってしまいます。太くならず、細い毛のままで成長期を終え、途中で抜け毛になってしまう割合が多くなるのです

このヘアサイクルの乱れは、さまざまな厄介な問題を抱えています。

(1)抜け毛がゆっくり進む。ゆえに切迫感を感じられない

ヘアサイクルの乱れからくる抜け毛の症状は、ゆっくりしたペースで進みます。急にごっそりと抜け落ちる急性的な症状ではないので、抜け毛の細さや割合の大きさに気づきにくいのです。
また、気づいたとしても、初期段階では「まだ心配するほどの抜け毛じゃない」と、放置しがち。そして焦り始めたときには、細い抜け毛の割合がかなり多くなっているのです。

(2)AGAの抜け毛は自然には絶対に治らない

AGA(男性型脱毛症)の抜け毛は、加齢に伴う自然の現象でもあります。そのため発症してしまうと「そのうち自然に抜け毛は治る」なんてことは残念ながら絶対にありません。放置すればするほど、抜け毛の症状は進行し、細い髪の毛の割合は大きくなります。抜け毛に細い毛の割合が多くなってきたら、ヘアサイクルは早い段階から立て直す必要があるのです。

(3)そもそもヘアサイクルの回数は限られている

「循環する」という意味のヘアサイクルですが、実は永遠に繰り返される訳ではありません。ヘアサイクルを支える毛母細胞には寿命があるのです。

人間の細胞には「テロメア」という、細胞分裂を計算する機能があり、その回数は40〜50回と言われ、それは毛母細胞も同様です。通常の男性のヘアサイクルが3〜5年として、健康的なヘアサイクルなら、死ぬまで髪の毛には困ることはないでしょう。

しかし、AGA(男性型脱毛症)の影響でヘアサイクルが乱れ、短縮してしまった場合はどうでしょうか? 早い段階でテロメアのカウントがゼロになってしまい、それ以上は何をどう頑張っても、残念ながら髪の毛が生えることはありません。
この毛母細胞の寿命が尽きる前に、対策を講じる必要があるのです。

AGA(男性型脱毛症)についての詳しい情報はこちらの記事にもございます。
よろしければ併せてお読みください。

 

抜け毛で細い毛の割合が多くなったと思ったらどうしたらいい?

前述のとおり、毛母細胞のヘアサイクルの回数は有限です。短い抜け毛を繰り返しているうちにカウントがなくなってしまわないように、「抜け毛の細い毛の割合が多くなったな」と思ったら、真っ先に抜け毛予防の対策を行うべきです。対策が早いほど、高い効果が期待できます。

抜け毛で細い毛の割合が多くなったと思ったら、真っ先に行うべき対策をいくつかご紹介します。

抜け毛対策(1)生活環境を改善して育毛に適した体調に整える

農業ではどんなにタネが優秀でも、畑の状態が悪ければ豊作は望めません。髪の毛も同じです。生活環境の改善は、健やかな髪と体作りに欠かせません。
食事の栄養バランス、十分な睡眠、適度な運動など、健康的で生活リズムの整った生活環境を送り、育毛に適した体質に改善しましょう。もちろん、ストレスの軽減に努めるなど、抜け毛に細い毛の割合が多くなってきたらと感じたら、メンタルの健康面も育毛には大切です。

抜け毛対策(2)ヘアケア用品やシャンプーを切り替える

日頃のヘアケアで育毛環境を整えることも大切です。頭皮に合わないシャンプーやヘアカラーなどの商品は、頭皮や髪の毛に負担をかけてしまう可能性があります。頭皮や髪の毛に合っていて、かつ育毛や発毛に効果的な成分が配合されている育毛・発毛剤や、育毛を目的としたシャンプーほかヘアケア用品などに切り替え、抜け毛に細い毛の割合が多くなってきたら髪の毛を育てる環境を整えましょう。

抜け毛対策(3)AGA治療に効果がある医薬品(発毛剤)を使用してみる

育毛剤や育毛シャンプーといった製品は、あくまで「現状維持」を目的にしています。それに対して、「プロペシア」や「ザガーロ」のような抜け毛予防、薄毛進行抑制剤、「ミノキシジル製剤」といった発毛効果が認められている発毛剤もあります。
これらは厚生労働省から承認を受けたAGA(男性型脱毛症)治療薬(医薬品)です。大きな発毛効果を発揮しますが、医薬品なので、ある程度の副作用リスクなどがあります。

そのため、抜け毛に細い毛の割合が増えて治療に使用する場合は、適切な使用を心がける必要もあります。

抜け毛対策(4)抜け毛治療の専門クリニックで受診する

AGA(男性型脱毛症)などの抜け毛の症状は、さまざまな原因が複合的に絡み合っている可能性があります。そのため、抜け毛に細い毛の割合が増えてきても、自己判断での対策や治療では、的外れな方法で思ったような効果が出ない場合があります。

さらに言えば、AGA(男性型脱毛症)治療薬を誤った用法用量で使用し、副作用に悩まされるようなリスクが発生するおそれもあります。

抜け毛に悩み、真剣に対策を考えているときは、AGA(男性型脱毛症)や抜け毛治療の専門クリニックで受診するのも有効です。さまざまな治療実績から、一人ひとりの抜け毛症状に最適な治療プランを立てることが可能です。

また、こういった専門クリニックでは、気軽に利用できる無料カウンセリングを実施しているところも少なくありません。
当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)でも、もちろんAGA(男性型脱毛症)治療の無料カウンセリングも実施しています。このカウンセリングでは、治療についての具体的な内容や費用などを確認したり、相談したりすることができ、いきなり治療が始まることはありませんので、ご安心ください。

抜け毛に細い毛の割合が本当に増えてしまう前に、具体的な抜け毛の治療がどのようなものか、まずは気軽に無料カウンセリングでお問合せください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリング

こちらの記事でも、薄毛、抜け毛、AGA(男性型脱毛症)の対策について詳しく書かれています。

 

抜け毛に細い毛の割合が多くなってきたら、すぐに対策を!

抜け毛と細い毛の割合に関する記事はいかがでしたか?
人間の髪の毛は、年齢を重ねるごとに細く弱々しくなるのは、ある程度は仕方ないことです。しかし、抜け毛に細い毛の割合が多くなっても、適切な対策や治療で進行を食い止めて現状を維持したり、ある程度回復させることも可能です。
抜け毛のコンプレックスに悩む前に、アクションを起こしたいものです。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】プロテインの副作用で抜け毛が増えるってホント?

次の記事

【クリニック監修】抜け毛が止まらない!抜け毛の原因と対策について