薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薄毛 > 薄毛の治療 > 【クリニック監修】治る薄毛、治らない薄毛の違いとは?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】治る薄毛、治らない薄毛の違いとは?

【薄毛、治るなら治したい】薄毛にも様々なタイプがあります。加齢と共に進んでいく薄毛、生活習慣で状況が変わる薄毛、体調の変化で抜けたり治ったりする薄毛、ライフステージの変化に伴って出る薄毛や、投薬治療、疾病に伴って起きる薄毛など、いろいろあります。原因はさまざまあるなかで、治る薄毛か治らない薄毛か、自己判断は難しいもの。治る薄毛ならどうやって治すのか、などをご説明します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

治る薄毛、治らない薄毛<1> ― 治る可能性のある薄毛

薄毛になる原因は様々です。
まずは治る可能性のある薄毛の原因について具体的にあげていきましょう。

生活習慣によって起きる薄毛

生活習慣によって起きる薄毛の原因(1)ホルモンバランス

人の体中には心身に影響を与える様々なホルモンが分泌されています。このホルモンの分泌量が変わると心身にも影響を与え、状況によっては薄毛を引き起こすこともあります。
ホルモンの分泌量が変わる原因は、疾患やストレスなどさまざまなものがあります。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(2)食生活

例えば無理なダイエットや、病気などで食事がままならなくなったりすることで、食事の量が減ると、髪を作っているアミノ酸「ケラチン」の生成に必要な栄養素が不足し、髪を作ることができなくなって薄毛の原因になることがあります。
また、偏った食事でおきる様々な体調不良からホルモンバランスが乱れ、結果的に薄毛につながることもあり得ます。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(3)睡眠不足

睡眠不足が心身に影響を与えることは周知のことかと思います。残業続きで十分な睡眠がとれていない、なんて方も少なくないのでは?
睡眠は心身を休めて全身の疲れをとり、昼間の活動時に得た情報を整理したり、不調を整えたり、とにかく睡眠には人間が意識している以上に重要な働きが様々あると言われています。
そして髪の毛も、睡眠時に多く出る成長ホルモンの影響を大きく受けて発毛・育毛の働きを維持しています。
この成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、入眠90分後以降ですので、この時に良質な睡眠の状態を維持することはとても大切なことです。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(4)飲酒、喫煙

多少の飲酒喫煙はストレス解消になるかもしれませんが、過ぎれば薄毛の原因になります。仕事の付き合いやストレスから飲酒や喫煙が辞められないという人もいるでしょう。
過度の飲酒は発毛・育毛のために必要な栄養、ビタミン、ミネラルを消費します。また、過度の飲酒によって起きる体調不良(二日酔いや肝臓への強い影響)や、喫煙時に起きる血管収縮作用がもたらす血行不良などは、発毛・育毛の妨げになり薄毛につながります。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(5)シャンプーやヘアケア用品が合わない

シャンプーなどを代表とするヘアケア用品が頭皮のタイプに合っていないと、薄毛の原因になり得ます。薄毛によかれとおもって選択した商品が、実は頭皮に合っていないことも考えられます。
肌が乾燥して弱い人が、洗浄力の強いシャンプーや香りの強すぎるヘアケア剤を使うと、湿疹や炎症の元になります。
また、皮脂の多い人が洗浄力の弱いシャンプーを使い続けていると、汚れが落ちずに溜まってこれも湿疹の元になることがあります。

肌の弱い人や、頭皮が荒れた状態の時に香りの強いヘアケア剤を使うと、刺激を受けて炎症を起こし、髪が抜けて薄毛の原因になることがあります。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(6)帽子、ヘルメット

おしゃれな帽子や、かっこいいヘルメット姿も、長い時間被り続けたり、暑い中汗をかいて蒸れるほど被っていると、頭皮が炎症を起こして脱毛、薄毛の原因になります。
帽子もヘルメットの中に使用するインナーも、清潔であることは言うまでもありません。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(7)ストレス

強いストレスを長時間与えられると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、血行不良様々な体調不良から薄毛になることがあります。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(8)産後脱毛

妊娠中に多く出ていた女性ホルモンが、出産後に一気に元に戻ることが原因し、急激な脱毛から薄毛になる症状です。産後の抜け毛で「このまま薄毛になってしまうの?」と驚く人もいるようです。
産後半年から一年ほどで抜け毛は落ち着き、その後は通常通りになるので、あまり心配する必要はないと言われています。

生活習慣によって起きる薄毛の原因(9)牽引性脱毛症

髪を強い力で引っ張って束ねるような髪型を、毎日続けているとその部分だけ頭皮が血行不良を起こして、薄毛になる脱毛症です。
仕事で髪型が決まっており、毎日同じ髪型であったり、きちっと見えるように髪の毛を強く引っ張って固めている場合は注意が必要です。

皮膚や内科的な疾患、投薬などによる薄毛

皮膚疾患やアトピー性皮膚炎、アレルギー症状によって皮膚が弱くなったところに細菌が入って炎症を起こし、悪化して脱毛を起こすことがあります。

また、甲状腺機能の異常や糖尿病など、内科的な疾患が原因で脱毛から薄毛を引き起こしたり、病気の治療のための投薬で脱毛を起したりするものもあります。
急に抜け毛がひどくなった時は、脱毛以外に何か体調不良がないか、服用している薬に心当たりがないか振り返ってみましょう。

これらの脱毛、薄毛の症状は、原因を取り除けば治ります。
ストレスや生活習慣などの、ホルモンが乱れる根本の原因の除去、疾患の治療などはわかりやすい例でしょう。

 

治る薄毛、治らない薄毛<2> ― 治る可能性はあるけど、治せるとは言い切れない薄毛

円形脱毛症

円形脱毛症は、まだ発祥や治療についてのメカニズムが解明されていない脱毛症です。
発症したら皮膚科を受診して治療をしますが、治る場合もあれば、治らない場合もあります。また、一度治った後に再発する人もいます。
以前はストレスが原因と言われていましたが、最近の研究では自己免疫機能の異常による脱毛症である説が有力になってきているようです。

AGA、FAGA

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの「テストステロン」が毛乳頭にある還元酵素「5αリダクターゼ」と反応することで、生成するより活性化した男性ホルモン「ジヒドロテストステロン (DHT)」が、今度は「男性ホルモン受容体」と結合し、毛の素である毛母細胞の働きを抑制する因子を発生させることで起きる、脱毛や薄毛の症状です。

AGAの発症時期は30台後半からが一般的

主には30代後半から発症するため(稀に10代後半からも発症します。)、「壮年性脱毛症」と呼ばれることもあります。

男性に多く発症しますが、女性もわずかに男性ホルモンが分泌されているため、AGA(男性型脱毛症)同様の「テストステロン」「5αリダクターゼ」「男性ホルモン受容体」の作用によって薄毛の症状を起こします。(女性の場合は「FAGA」)

額や頭頂部に発症することが多い男性のAGA(男性型脱毛症)と違い、女性のFAGAは全体的に薄毛になる「びまん性」と呼ばれる脱毛症状が多く、部分的に髪が全てなくなることは稀です。

AGAとFAGAは治療で改善を

AGA(男性型脱毛症)とFAGAは加齢によって進行し、自然治癒はありません。つまり老化現象の一つと考えることもできます。

効果のある治療方法はありますが、長く続けていてもゆっくりと症状は進み、治療をやめると効果を留めず元に戻ってしまいます。

「治療で改善させることはできる。しかし、完治させることはできない。」
これがAGA(男性型脱毛症)とFAGAです。

AGA(男性型脱毛症)とFAGAについて、詳しくはこちらの記事をお読みください。

 

 

薄毛を治す方法<1> ― 先ずは生活に必要な対策から

では、治る見込みのある薄毛についての解決策・自宅でもできる薄毛を治す方法を考えてみましょう。

薄毛を治す方法(1)生活習慣の見直し

ストレスや日常生活の乱れ、食生活などに一因がある場合は、それらを見直すことで薄毛が改善することもあります。

全部を一度に改善することは難しくても、ひとつずつ気長に手を打ちましょう。
日々の生活習慣の積み重ねが、将来の髪を守ります。

薄毛を治す方法(2)各種疾患の治療

脱毛して薄毛になるくらいであれば、疾患も治療が必要な状態である可能性があります。まずはそれを治療しましょう。
その疾患が原因であれば、治療で改善すれば、薄毛も治ることが多いと思っていいでしょう。

 

薄毛を治す方法<2> ― AGA、頭髪への医療的な対策

AGA治療

一般病院であれば皮膚科を、そうでなければ頭髪治療専門のクリニックを受診して治療するのも最近はポピュラーになってきています。

AGA治療薬について

頭髪治療専門のクリニックであれば、遺伝子検査などの結果をもとに、薄毛に効果的な治療法を選び、5αリダクターゼの働きを抑える「フィナステリド(MSD社のプロペシアなど)」や「デュタステリド(GSC社のザガーロ)」や、ミノキシジル製剤、必要であればサプリメントなども処方されます。

AGA治療は専門クリニックへ

頭髪治療は、一般病院でも頭髪治療専門のクリニックでも自由診療になりますので、より治療の経験値が高く、選択肢を持っている医療機関を選ぶと良いでしょう。
頭髪治療専門のクリニックでは、無料カウンセリングを実施していることもあります。無料カウンセリングでは、気軽に治療方法や費用について相談することが可能です。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)でも、頭髪治療においては歴史も長く、それだけ多くの患者さんを治療したことによる蓄積もあります。
よろしければ当院のサイトもご覧ください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)
遺伝子検査
ミネラル検査
診察の流れ
治療内容と費用について

薄毛への医療による対策(2)植毛

薄毛で悩んでいる人が自分の後頭部などの毛根を、薄毛の目立つ部分に移植する、あるいは人工毛を植える方法などがあります。うまくいけば生着して健康な髪の毛同様に発毛・育毛を続けることができます。しかし、植毛がうまく生着できなかったり、植毛していない部分の薄毛が進行して違和感が出てしまうこともあります。
まだ施術するクリニックは多くはなく、研究が続けられている治療法です。
(※当院では取り扱いがありません。)

薄毛への医療による対策(3)HARG

サイトカインと呼ばれる多種多様な役割をもつタンパク質があります。この中の細胞の成長をコントロールし、髪の毛の成長を促す因子などを頭皮に注入する治療法です。
こちらも取り扱うクリニックはあまり多くはなく、まだ新しい療法です。
(※当院では取り扱いがありません。)

 

薄毛を治す方法<3> ― これはこれで問題解決!?

「時間も手間もお金もかけずに、すぐ治る!」とはいきませんが、見た目が変われば気持ちも変わるもの。
生活を楽しむ手段の一つとして取り入れて、違う自分を発見するのもいいものです。

気軽に取り入れられる方法(1)ウィッグ

男女問わず、最近は様々なタイプのウィッグが出ています。
その日の気分や、ファッションに合せていろいろ試してみるのもいいでしょう。

気軽に取り入れられる方法(2)帽子

おしゃれの仕上げにはもってこいのアイテム。ウィッグが少し浮いているように感じたら、帽子を被ると収まりが良くなることもあります。ウィッグ同様、シーンに合わせて変えるのもよし、自分に合う定番の形を決めて帽子などをコレクションするのも楽しいですよ

気軽に取り入れられる方法(3)髪型

薄毛を誤魔化す、と言うより、薄毛でも似合う髪型は案外有るものです。
カットの時に、薄毛でもおしゃれな有名人のヘアスタイルを真似て貰うのも手っ取り早いですが、自分の普段のファッションや生活に合わせてアレンジをしてもらいましょう。
頭の形に似合って、仕事などに支障がなければ、思いきって坊主頭も悪くありません。似合いすぎて「薄毛完治?」と思う人もいるとかいないとか・・・。
一度、普段通っている美容院の担当の方に髪型を相談してみてはいかがでしょうか。

 

治せる薄毛は薄毛専門クリニックにご相談ください

もし、あなたの薄毛がAGA(男性型脱毛症)によるものであれば、治療は長期的なものになり、ある意味ライフワークのように続きます。長期的な付き合いになる病院選びは慎重にしましょう。

AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックは無料カウンセリングを設けているところが多く、薄毛治療の内容や費用についてのご説明、およびご相談を受け付けています。
もちろん、当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)でも、無料カウンセリングがありますので、よろしければまずはこちらをご利用ください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリング

 

<まとめ>薄毛を治療で治したら、こんなこと、あんなこと

薄毛は老若男女、悩ましく、できるなら治したいものです。
髪を切ったり伸ばしたりのアレンジもできるし、短く刈ることもできるため、自分が
薄毛にならないと、「たかが髪の毛」と思われることもあるでしょう。

「髪型を変えておしゃれを楽しみたい」
「単純に髪があるって嬉しい」
「髪の毛があれば、自分に自信が持てる」
「髪がある。未来を楽しみにできる自分が嬉しい」

人生は一度きりです。
価値観は人それぞれですが、薄毛が治ることで見た目が変わり、そのために人生全体が明るくなり、ご自分の人生がより価値のあるものになるのであれば、薄毛を治すためのより積極的な選択をしてもいいのではないでしょうか。

(参照)
ヘアメディカル|AGA・薄毛治療の総合情報局「AGAは治る?治らない?薄毛が「完治する」確率と効果的な治療方法」
EMIRA |薄毛は治るのか? 治療現場の最前線 「衝撃の原因と予防方法を第一人者に直撃」

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】AGAは治らないは本当?治療効果はいつまで続くもの?

次の記事

【クリニック監修】薄毛で前髪が決まらない!こんなときはどうしたらいい?