薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > AGAの治療 > 【クリニック監修】AGAは治らないは本当?治療効果はいつまで続くもの?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】AGAは治らないは本当?治療効果はいつまで続くもの?

【AGAは治らない?】進行性の脱毛症・AGA(男性型脱毛症)は遺伝と男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れが原因で発症します。残念ながら現代医学ではAGA(男性型脱毛症)は「完治」することはなく、「改善治療」が治療の目的となっています。ではその治療はいつまで続ければいいのでしょうか。その治療のやめ時の決め方や見極め方はどうしたらよいでしょうか?

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

AGAは治らない?

よく「あそこの家は代々薄毛だから」「オヤジもおじいちゃんも薄毛だったから俺も」などという話を聞きますが、遺伝や体質で発症した薄毛は、もうAGA(男性型脱毛症)は治らないのでしょうか。

薄毛で悩んでいる人の大半がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。
AGA(男性型脱毛症)は治療することで改善できるという話もありますが、どの程度薄毛は改善されるのでしょうか。
完治は有り得るのでしょうか。
AGA(男性型脱毛症)が治るのか治らないのか、現在治療中の人もこれから薄毛治療を始めようという人も、気になる問題ですね。
さらに、治療のゴールをどう設定するのかも気になるところです。

 

AGA・治るか治らないか<1> 〜AGAの基礎知識~

AGA(男性型脱毛症)は「androgenetic alopecia」の略で、男性ホルモンと遺伝によって異なる毛根の諸条件が主な発症原因とされる進行性の脱毛症です。
最近ではMPHL(male pattern hair loss)とも呼ばれます。

成人男性の3人に1人がAGAになる

全国でAGA(男性型脱毛症)の人は約1260万人、成人男性の3人に1人いると言われます。
毛が薄くなるパターンに特徴があり、前頭部の髪の生え際からM字型に後退したり、或いは頭頂部からO字型に薄くなり、その範囲がだんだん広がっていきます。また、このM字型とO字型の混合の薄毛も見られます。

AGAは男性だけではなく、女性にもある

実は、AGA(男性型脱毛症)は男性だけの脱毛症ではありません。女性にもAGA(男性型脱毛症)はあるのです。
女性の場合は「FAGA(female androgenetic alopecia)」と呼ばれます。

男性と違うのは、男性はどんどん進行して髪がなくなっていくのに対し、女性は全体的に薄くはなるものの、まるっきり髪がなくなることはありません。これは、FAGAに女性ホルモンが関与しているため、といわれています。

AGAとFAGAについて詳しくはこちらの記事をお読みください。

 

AGA・治るか治らないか<2> 〜AGAの原因〜

AGA(男性型脱毛症)は「遺伝」と「男性ホルモン」が大きく関係しています。
AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムを説明しましょう。

AGAの発症メカニズムについて

男性ホルモンの1つ・テストステロンが髪の毛の毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼという還元酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)を生成し、そのDHTは頭皮の毛包にある「アンドロゲン受容体」と結合することで、脱毛を促す因子を出させます。これによって発毛や育毛を抑制してしまうことがAGA(男性型脱毛症)の一番の原因です。
これにより、髪の毛一本一本が持っている「ヘアサイクル」という周期が乱れてしまうのです。

ヘアサイクルについて

髪の毛は、もともと以下のヘアサイクルで髪の毛が生え変わります。

成長期(髪が長く太く育つ) 約2~6年

退行期(髪が成長を止め、抜けるのを待っている) 約3週間

休止期(寿命を終えた髪が抜け、毛根では次の髪が生えるのを待っている) 約3〜4ヶ月

これが「ヘアサイクル」です。

AGAとヘアサイクルの乱れについて

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、ヘアサイクルの成長期が著しく短くなるため、髪の毛が成長しないうちに抜けてしまいます。そしてその後に生えてきた髪もまた成長途中で抜けてしまいます。この繰り返しで頭部からはどんどん髪の毛がなくなっていき、薄毛になるのです。

 

AGA・治るか治らないか<3> 〜AGA治療〜

このように、AGA(男性型脱毛症)発症のメカニズムはある程度わかっています。
AGA(男性型脱毛症)が発症する人と、しない人の違いは、「5αリダクターゼの活性が強い」か、「男性ホルモン受容体の感受性」の違いも大きく、これらは遺伝によって異なります。

また、髪の毛は加齢によって毛根の毛を作る細胞も老化しますので、上記の条件が揃い、男性ホルモンがあると、毛根の発毛する力よりも脱毛する力の方が強くなって薄毛が進行していくのです。

AGA(男性型脱毛症)治療薬は、これらに対して「進行食い止めるための治療薬」と「発毛・育毛する力を再び刺激する治療薬」の2つのタイプがあります。

AGA治療薬

AGA治療薬(1)ミノキシジル

ミノキシジルは発毛を実現に導く有効成分です。
ミノキシジルは、ヘアサイクルの乱れにより休みグセのついた毛根の細胞分裂を促し、再び活発に活動するように誘導します。また、ヘアサイクルの成長期を長く維持する働きや、休みグセがついたことで小さくなってしまった毛包を再び大きくする作用も認められています。

AGA治療薬(2)フィナステリド&デュタステリド(還元酵素阻害薬)

フィナステリドとデュタステリドは、両方とも前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に存在する還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑制します。5αリダクターゼの作用が抑制されることにより、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成も抑制できるため、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせることができます。

実は「5αリダクターゼ」には、Ⅰ型とⅡ型があり、フィナステリドはそのうちのⅡ型に効果を発揮しますが、デュタステリドはⅠ型&Ⅱ型どちらにも効果を発揮します。
フィナステリドで薄毛の治療効果が見られなかった人でも、デュタステリドで効果を実感できる可能性が高いのです。

AGA(男性型脱毛症)治療において、
ミノキシジル⇒発毛を促す「攻めの治療」
フィナステリド&デュタステリド⇒AG(男性型脱毛症)Aの進行を抑える「守りの治療」
と言えます。

それぞれの特徴である攻めと守りを両方取り入れて、完璧な「改善治療」に取り組みましょう。

AGA(男性型脱毛症)治療薬については、こちらの記事をお読みください。

 

AGA・治るか治らないか<4> 〜AGAが治らないと言われる理由〜

「AGA(男性型脱毛症)は治らない」と言われる理由はいくつか考えられます。

AGAが治らないと言われる理由(1)治療を継続しない

AGA(男性型脱毛症)治療は長期間取り組むことが大前提です。なぜなら治療をやめればまた元の状態に戻ってしまうからです。
しかし「地道にコツコツと」というのはなかなか難しいもので、多くの人が先の見えないAGA(男性型脱毛症)治療に挫折して治療を中断或いはやめてしまうのです。
当然頭皮は以前の薄毛の状態に戻ります。その結果「やっぱり治らないじゃないか」という結論に行き着いてしまうのです。

AGAが治らないと言われる理由(2)薬(主にプロペシア)が合っていない

先の通り、AGA(男性型脱毛症)治療薬のフィナステリド(プロペシアの主成分)は、5αリダクターゼという酵素の働きを抑制することで、DHTの生成を抑え、AGA(男性型脱毛症)の進行を止める効果があります。

多くの発毛治療専門クリニックでは、治療前に患者様ごとにどの薬が合うかを確認して治療に入ることも可能です。なかなか薄毛治療の効果が出なければ、そういった検査をして薬を選ぶこともできます。

しかし、例えば、個人でインターネットを経由して薬を入手している人の場合は、そういった検査ができないため、自身の5αリダクターゼの型と服用するAGA(男性型脱毛症)治療薬が合っていないことも考えられます。

冷静に考えれば、ピント外れの薄毛治療をして効果が出るはずがない、と思えますが、素人ではそれが分からず「薬が効かない」「薬が合わない」と思ってしまいます。

AGAが治らないと言われる理由(3)そもそもその脱毛症がAGAではない

円形脱毛症や脂漏性脱毛症など、AGA(男性型脱毛症)以外の脱毛症に、AGA(男性型脱毛症)治療を施しても効果はありません。
薄毛=AGA(男性型脱毛症)、と素人判断せず、自分の薄毛が本当にAGA(男性型脱毛症)かどうかをまず確かめてから治療に入りましょう。

頭皮治療の専門クリニックでは、無料カウンセリングを実施しているところがあります。あなたの薄毛が本当にAGA(男性型脱毛症)なのか、無料カウンセリングで気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、ホームページから自分の脱毛症のタイプがだいたいわかります。そしてタイプ別の治療効果や治療にかかる費用までが把握できるようになっています。
一度自分の脱毛症のタイプを確認してみましょう。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 「治療効果」

 

AGA・治るか治らないか<5> 〜AGAは治療できる!〜

治らないからと諦めないで。治療でかなり改善できます

「AGA(男性型脱毛症)は治らない」と言われる理由を聞くと、思わずうなずいてしまうこともあるのではないでしょうか。

AGA(男性型脱毛症)は治療によって改善できる症状ですが、「完治するのか」と聞かれると、残念ながらそれにはうなずけないのが現状です。
AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症です。薄毛治療を継続しなければ、症状は元に戻ってしまいます。

でも、「治らないなら治療しても仕方ない」などと言わないでください。
治療しなければどんどん薄毛が進行し、治療開始が遅くなればなるほど、効果が現れるまでに時間もかかります。

AGA(男性型脱毛症)の治療は「改善治療」が目標となりますが、その改善の度合いは近年非常に進歩しています。
のんびりと、ライフワークのように続けていくことが大切です。

 

AGA・治るか治らないか<6> 〜AGAを諦めない〜

ここまでのコラムを読んだ人の「改善できるだけか、治らないのか」というつぶやきが聞こえてきそうですね。
でも、進行性の脱毛症「AGA(男性型脱毛症)」については、現在も研究が続けられており、今後もしかしたら画期的な治療法が出てくるかもしれません。
大事なのは、医師と相談してより自分に合った薄毛治療を続けることです。

くれぐれも素人判断で世間の口コミだけを頼りに自己診療をしないように。
そして勝手に治療をやめないようにしてください。

頭髪治療専門クリニックの医師と二人三脚で確かな効果を実感しましょう。

 

AGA治療のゴール設定について

AGA(男性型脱毛症)治療は長期間継続することが大前提の治療です。
「じゃあ死ぬまで続けるのか」と聞かれるとそれも違う気がします。

AGA治療のゴールは、あらかじめ設定しておくこと

AGA(男性型脱毛症)治療のゴールは、貴方自身と医師で決めるものです。
「もうこのぐらいでいいや」と本人が満足できること、そして医師が専門的な知識を持つ第三者の立場で「このあたりでしょう」と判断するところがその着地点でしょう。

また、治療を続けていくうちに人の意識も変わって行きます。30代の人が理想とする髪の量や髪型と、50代の人が理想とするそれは違って当たり前です。
年齢とともに「ありたい自分の姿」が変わってくるのはごく自然なこと。
年齢を重ねた自分の姿に、前ほどの毛量への執着は少なくなることも考えられます。

AGA治療の費用対効果を考えること

また、AGA(男性型脱毛症)治療にかかる費用・費用対効果の面からも考慮しなければならないこともあるでしょう。

そういったことを踏まえながら医師と相談して、いつまで続けるか、ゴールを設定しましょう。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、費用面などの話も含めて、患者様ひとりひとりと向き合い、その人に適した治療法と治療のめどを、無料のカウンセリングにてお伝えしています。
具体的な治療の内容をお知りになりたい方は、ぜひお気軽にご利用ください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリング

 

(まとめ)AGAは完治しない! でも治療しなければ薄毛が進行することは事実

残念ながら現代の医学では、AGA(男性型脱毛症)は「改善治療」に留まっており、「完治」とまでは行きません。
でも、だからといって発症してしまったAGA(男性型脱毛症)をそのままにすることは、今よりもっと薄毛が進行していくことです。
AGA(男性型脱毛症)は「治らない」のではなく「完治しない」だけで、改善が可能な症状です。
今すぐ、医師と二人三脚で治療をスタートさせましょう。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】薄毛でもワックスを使ってヘアスタイルを決めたい!

次の記事

【クリニック監修】治る薄毛、治らない薄毛の違いとは?