薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薬・成分 > 【クリニック監修】フィンペシアの副作用と効果はどんなもの?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】フィンペシアの副作用と効果はどんなもの?

「フィンペシア」とその副作用をご存知ですか?
多くの方を悩ませている「抜け毛・薄毛」。医療技術が進んだ今、薬で治療できる時代になりました。とはいえ、薬に副作用はつきもので、継続的に飲む場合は不安になる方も多いでしょう。今回は、複数ある抜け毛・薄毛治療薬の中の1つ「フィンペシア」の副作用について解説します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

フィンペシアには副作用があるの?

フィンペシアの副作用についてご存知でしょうか。
抜け毛・薄毛が気になる、どうしたら進行を止められるのか…とお悩みの方!抜け毛・薄毛は、薬で治療できる時代になりました。
フィンペシアはそんな抜け毛・薄毛に効果的な治療薬の1つです。

しかし、薬といえば副作用が心配ですよね。治療薬の種類は複数あり、それぞれ効果や価格もさまざまです。

「毎日、外用薬を頭皮に塗ってケアするのはめんどう」「飲み薬なら手軽だし、なんとなく効果が期待できそう」「でも、できれば低価格で抑えたい」と考える人も多いでしょう。

AGA(男性型脱毛症)治療薬「フィンペシア」はどのような薬でしょうか。また、副作用はあるのでしょうか。

 

フィンペシアには副作用がある!

実は、どんな薬でも副作用はつきものです。薬とは、1つの作用のみを持っているものではなく、いくつかの作用を併せもっているものです。
そのいくつかある作用のうち、治療などの目的に沿った作用を「主作用」と言い、目的に沿わず治療の障害になるような作用を「副作用」といいます。

普段から病院で処方されている薬の説明書にも、薬の効果や、用法・用量だけでなく、副作用も記載されていますよね。フィンペシアにも、もちろん副作用はあるのです。

 

フィンペシアってどんな薬?リスクはあるの?

では、フィンペシアにはどんな副作用があるのでしょうか。
副作用の説明の前に、まずはフィンペシアがどんな薬なのかを知っておきましょう。

フィンペシアはAGA治療薬「プロペシア」と成分が同じ

フィンペシアは、インドの製薬会社・シプラ社が製造しているAGA治療薬。脱毛抑制効果を持つ有効成分「フィナステリド」を1mg含有しています。
これは、AGA治療薬としてよく使用されている「プロペシア」と同じです。

フィンペシアはプロペシアよりも安価

プロペシアと同じ成分を含むフィンペシアは、いわばジェネリック医薬品(後発医薬品)の“ようなもの”です。

フィンペシアは、プロペシアと同じフィナステリドを成分とする医薬品です。そのため、効果効能についてはジェネリックと同等と考えても差し支えはありませんが、元はインド独自のルールによって製造を承認された「コピーのような医薬品」でした。(現在はプロペシアの特許期間が終了しているため、複数のジェネリック医薬品があり、その中の1つと考えてもいいかもしれません。)

価格は、プロペシアの10分の1程度です。日本国内では流通しておらず、一般病院や薬局、ドラッグストアなどで購入することもできないため、個人輸入や、輸入代行業者を介して入手している人もいます。

しかし、日本の厚生労働省の承認を得て製造販売されているものではないので、私たちがよく耳にする「ジェネリック医薬品」とは全く異なります。それゆえ、購入方法や、服用後は副作用以外にもリスクが存在します。

当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のコラム内にも、先発薬である「プロペシア」について詳しく書かれた記事があります。合わせてお読みください。

フィンペシアのリスク

万が一の時に「医薬品副作用救済制度」が受けられない

厚生労働省の承認を受けていないフィンペシアは、「医薬品副作用救済制度(※1)」が適用されません。

この制度は、医薬品を適正に使用したにもかかわらず、その副作用により入院治療が必要になるほど重篤な健康被害が生じた場合に、医療費や年金などの給付が行われる公的な制度です。

また、フィンペシアは国内では未承認であるため、正規の販売ルートが存在しません。手に入れるためには個人輸入や、同様の方法で輸入している業者から購入するしかありません。そのため、粗悪なコピー品や偽物を購入してしまうリスクがあります。そういった偽造医薬品は世界的にも増加しており、途上国では医薬品流通量の10~30%が偽物であると報告されているほどです。(※2)

厚生労働省の承認を得ていないフィンペシアには、それなりのリスクがあるということです。

(参照)
※1 医薬品副作用救済制度
※2 製薬協「偽造医薬品対策」

 

フィンペシアにはどんな副作用がある?

厚生労働省の承認を受けていないフィンペシアは、日本国内での治験なども行われておらず、正確な国内データがありません。ここでは、フィンペシアとプロペシアに配合されている成分「フィナステリド」の効能・効果や注意点、副作用を確認しておきましょう。

フィンペシアの配合成分「フィナステリド」の効能・効果と注意点

フィンペシアの配合成分「フィナステリド」には、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせるはたらきがあります。使用上の注意点としては、以下2点があげられています。

・20歳未満での安全性および有効性は確立されていない
・女性に対する適応はない

また、肝機能障害がある人へ投与した場合の安全性が確認されていないため、そのような疾患を持っている方は注意が必要です。

そして、妊産婦、授乳中の女性への投与は禁止とされています。
これは、妊婦が服薬した場合、男子胎児の男子胎児の生殖器官発育への影響が懸念され、授乳婦の場合は、母乳への移行が確認されていないためです。

フィンペシアの配合成分「フィナステリド」の副作用

フィンペシアの配合成分「フィナステリド」のおもな副作用は以下の通りです。

・過敏症…瘙痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
・生殖器…睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常など)
・肝臓…AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
・その他…乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

(上記 引用|KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes「医療用医薬品 : プロペシア」

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの影響が深く関わっています。AGA治療薬に含まれるフィナステリドには、男性ホルモンの働きを抑える作用があるため、生殖機能が減退・抑制されることがあります。男性不妊にもつながるおそれがあるため、子作りを考えている方、子作り中の方は注意が必要です。

また、肝臓で主に代謝されるため、肝機能障害を引き起こす可能性があると考えられています。

フィナステリド製剤の副作用はこちらの記事にも詳しく書かれています。よろしければ合わせてお読みください。

 

フィンペシアの副作用が心配なら、まずはクリニックでカウンセリングを

プロペシアと同成分でありながら、低価格で手に入れられるフィンペシア。クリニックに行かずとも、個人輸入で購入できるなら、簡単に手を出せそう!と思う方もいるかもしれません。しかし、フィンペシアには、さまざまな副作用やリスクがあります。そして、薬との相性も人それぞれです。効率的に治療をするにはどうすればいいのでしょうか?

まずは、抜け毛・薄毛治療の専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)は、19年間のAGAによる薄毛の治療経験を持つ、AGA治療専門の医療機関です。医療機関での具体的な治療内容や、使用する薬の副作用、費用などについても、詳しくご説明いたします。

抜け毛・薄毛の原因や状態は、人それぞれです。Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、一人ひとりに合わせた治療を行っているため、あなたの不安にしっかりと向き合い、適切な治療をご提案いたします。

いきなり治療となると、費用や期間が心配…そんな方は、まず無料カウンセリングを受けて、納得ができれば治療を。もしも必要がなければ治療を始めなくても何も問題はありません。

個人輸入などでリスキーな未承認薬を服用して、思うような効果が出なかったり、ましてや重篤な副作用が出ては本末転倒です。
AGA治療は症状が見られたら、なるべく早く治療を開始する方が、より早く目標に近づけるとされています。
回り道をするより、適切な診断と治療で確実な方法を選ぶことが、何よりの効率化と言ってもいいでしょう。

気になる方は、まずはお気軽に無料カウンセリングをご利用ください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)無料カウンセリング

 

(まとめ)薬に副作用はつきもの!だからこそ医療機関で相談を

抜け毛・薄毛治療薬の中の1つ「フィンペシア」の副作用や効果について解説しました。最近は海外の医薬品を輸入代行する業者も増えてきて、クリニックに行かずとも、インターネットで簡単に手に入れられるようになりました。
しかし、医薬品の個人輸入にはリスクもあります。粗悪品や偽物をつかまされてしまうことや、予期せぬ副作用の発現、素人ではそれらの対処ができない可能性もあることなど、個人の判断で服用するのはあまりにも危険です。
AGAの症状を改善するには、まず、信頼できる医療機関に相談することが大事です。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】AGAは完治する? しない? どうなったら完治と考えたらいい?

次の記事

【クリニック監修】薄毛でもワックスを使ってヘアスタイルを決めたい!