薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > 【クリニック監修】頭皮の痛み、その原因は?危険?抜け毛のサインかも

更新日:|公開日:

【クリニック監修】頭皮の痛み、その原因は?危険?抜け毛のサインかも

なんだか頭皮が痛む…。その頭皮の痛み、抜け毛のサインかもしれません。かゆみを伴う痛みや、湿疹ができていたり、ヒリヒリとした痛みなど、痛みの種類によっては注意が必要です。しかし、頭皮の状態を自分で確認するのは困難。一体何が起こっているのでしょうか。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

頭皮の痛みは、何かのサイン?

「頭皮の痛み」と言っても、洗髪やブラッシングなど頭皮を触った時に痛む場合や、何もしていなくてもヒリヒリ・じんじん痛む場合があります。
頭皮の痛みが抜け毛のサインなら、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)、あるいはFPHL(女性型脱毛症)かもしれない…と不安に思うかもしれません。

しかし、すべての頭皮の痛みが必ずしも抜け毛に繋がるというわけではありません。
では、どういった頭皮の痛みが抜け毛を招くのでしょうか。

 

頭皮の痛みの原因は?種類と対処法

頭皮に痛みを感じたら、まずは何か頭皮を刺激するようなことがなかったか、原因を探ってみましょう。
頭皮も顔や腕などと同じ「肌」です。普段の生活の中で、何かの刺激によって炎症を起こしたり、湿疹ができることもあります。

頭皮の痛みの原因(1)紫外線

日焼けをすると肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりしますよね。
頭皮も同じように、強い紫外線を浴びることで日焼けをします。この日焼けによって頭皮に痛みを感じたり、毛根が痛んでしまったりすることがあります。

日焼けによって頭皮にヒリヒリとした痛みを感じたら、すぐに冷やすようにしましょう。

あまりに痛みがひどいときはシャンプーを控え、それでも治らない場合は皮膚科の受診をおすすめします。

頭皮の痛みの原因(2)パーマやヘアカラー

頭皮が痛み出す前に、パーマやヘアカラーを使用していませんか?
パーマ液やヘアカラー剤は頭皮にかなり強い刺激を与えます。また、それらに含まれる一部成分により、体質によっては強いかゆみや炎症など重篤なアレルギー反応を起こし、痛みを伴うこともあります。

肌が弱い方は美容師・理容師に事前に相談しましょう。自宅で使用するときは、添付の説明書に沿って必ずパッチテストを行ってから、慎重に塗ってください。

頻繁に使用すればそれだけ頭皮に負担になりますから、連続での使用は控えましょう。

頭皮の痛みの原因(3)乾燥

頭皮の痛みが、乾燥によるものである場合も考えられます。
頭皮はさまざまな刺激から地肌を守るため、皮脂を分泌しています。しかし、頭皮のタイプに合わないシャンプーを使用したり、ゴシゴシと爪を立てて洗ったり、一日に何度も洗髪したりすると頭皮の水分を保つために必要な皮脂が取れてしまい、乾燥することで皮膚に炎症などを起こして頭皮に痛みを感じることがあります。
肌と同様、乾燥は頭皮にとって大敵なのです。

乾燥による痛みの場合、まずはシャンプーが自分の肌に合っているか確認してみてください。洗浄力の強すぎるシャンプーは、皮脂不足になり乾燥の原因となります。頭皮のカサつきが気になるときは、保湿成分が含まれているシャンプーに替えたり、頭皮専用の保湿ローションを使ってみてください。

頭皮の痛みの原因(4)湿疹

頭皮にできる湿疹にはさまざまな種類があります。いつ痛むのか、どのように痛むのかで症状を分けてご紹介します。

頭皮に触ると痛むケース

頭皮にできる湿疹の中では最も多い痛みのパターンが、「触ると痛みが走るケース」です。
この場合、頭皮や毛根が炎症を起こしていることがほとんどですが、ベタつく、カサつくなど皮脂の分泌量で該当する症状が異なります。

<脂漏性湿疹>
脂漏性湿疹は、皮脂が過剰に分泌されることで、これらをエサとする常在菌「マラセチア菌」が異常に繁殖し、頭皮に炎症が起きている状態です。自分の地肌に合った洗髪をして、頭皮を清潔に保ってください。

<皮脂欠乏症湿疹>
皮脂欠乏症湿疹は、脂漏性湿疹とは反対に頭皮に必要な皮脂が足りない状態のことです。
乾燥や加齢などの他に、シャンプーのしすぎや、シャンプー剤が強すぎることが原因の場合もあります。
この皮脂欠乏症湿疹も、シャンプーや洗髪方法を見直すことで改善が見込めます。

脂漏性湿疹も、皮脂欠乏症湿疹も、頭皮の炎症による痛みが酷い場合は、皮膚科を受診し、適切な治療を行うようにしてください。

<ニキビ・吹き出物>
頭皮は意外と吹き出物ができやすい箇所です。顔にできるニキビと同様に皮脂の過剰分泌が原因ですから、頭皮を清潔に保つことや、脂っこい食べ物を控えたり、ビタミン類の摂取を心掛けるなど、生活習慣を見直すことが大切です。

<アトピー性皮膚炎>
アトピー性皮膚炎は、皮膚の角層に水分を保持するバリア機能が弱く、角層が乱れた隙間からアレルゲンが入ることで、かゆみや湿疹を生じます。掻きすぎて皮膚がはがれると、傷になって痛みを伴うこともあります。
アトピー性皮膚炎で頭皮が痛む場合、自然治癒は困難ですので専門の医療機関の受診をおすすめします。

(参照|メディカルノート「アトピー性皮膚炎」

洗髪のときに痛むケース

洗髪の際に痛みを感じる場合は、シャンプー自体が頭皮を刺激していることが原因で「接触性皮膚炎」を起こしているかもしれません。

<接触性皮膚炎>
接触性皮膚炎とは、シャンプーやコンディショナー、トリートメント、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤、その他ヘアケア用品などが地肌に合わず、炎症を起こしている状態です。

最近シャンプー等のヘアケア用品を変えたりしていませんか?心当たりがあれば、すぐに使用を中断し医師の診断を受けてください。

何もしていないのに痛むケース

何もしていないのに頭皮に痛みを感じる場合は注意が必要です。単なる炎症や湿疹ではなく「帯状疱疹」の可能性もあります。

<帯状疱疹>
帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、体内に潜んでいた「水痘帯状疱疹ウイルス」が引き起こす病気です。
過去に水ぼうそうを発症したことがある場合、治療後も体内には水痘帯状疱疹ウイルスが潜伏しており、これらが加齢やストレス等で免疫力が低下したとき再び活動し始めることで帯状疱疹として発症することがあります。

身体の左右どちらかの皮膚にピリピリと刺すような痛みを感じ、やがて赤い斑点と小さな水ぶくれが現れます。
通常は生涯で1度しか発症しないので再発は稀ですが、上記のような症状がみられた場合には、すぐに専門の医療機関を受診してください。

(参考|頭皮の湿疹で痛みが!頭皮の痛みによる湿疹の種類と原因、解決方法

 

「頭皮の痛み」+「フケが多い」は危険信号

頭皮の痛みの原因について説明してきました。これら以外にも痛みに加えてフケが多いといった場合は、一度皮膚科に相談してみてください。治療が遅れれば抜け毛の原因になることもあります。

フケが伴う痛み:脂漏性皮膚炎

洗髪してから1日経たずに脂っぽくなる・フケまみれになる、皮膚がむけるといった症状があるときは、脂漏性湿疹から起きる「脂漏性皮膚炎」の疑いがあります。
洗髪頻度が少ない場合や、体質的な皮脂の過剰分泌が原因で頭皮環境が悪化し、「マラセチア菌」の異常繁殖などが原因で起こります。

悪化すると頭髪の脱毛を伴うこともあります。そうなる前に皮膚科を受診し、生活の改善を心がけてましょう。

フケが伴う痛み:粃糠性脱毛症

フケと抜け毛の症状がある場合は「粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)」の可能性があります。
脂漏性皮膚炎とよく似た症状ですが、フケの質が異なります。粃糠性脱毛症のフケは細かくカサカサとしており、このフケが大量に出て毛穴を塞ぐことで菌が増殖し、炎症を起こしているのです。

 

頭皮の痛みなら専門のクリニックへ相談を!

さて、ここまで「頭皮の痛み」についてお話ししてきましたが、もしもそれらの痛みが改善されたにも関わらず、抜け毛が止まらず、薄毛の症状が進行してきた場合は、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、あらゆる頭髪の悩みに応えながら、それぞれの症状に合わせた治療を行っています。
「頭皮の痛みやかゆみ、フケなどで既に皮膚科にかかっているけれど、なかなか改善されない」という方や、止まらない抜け毛、薄毛の症状が気になる方は、ぜひ一度、薄毛治療専門のクリニックであるDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)の「無料カウンセリング」をご利用ください。専門のスタッフが症状や治療についての詳しい説明をさせていただきます。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリング

 

まとめ

頭皮の痛みは、放っておくと危険なケースもあることはおわかりいただけたでしょうか?かといって、頭皮の状態を自分で確認するのはなかなか難しいものです。
シャンプーや生活習慣を見直しても頭皮の痛みが治らないときは、一度専門のクリニックへ相談されることをおすすめします。

(参照)
ヘアメディカル|「【頭皮が痛い】は要注意!」

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】縮毛矯正をすると薄毛に影響するの?ケアの仕方も教えて!

次の記事

【クリニック監修】産毛が増えてきた…それってAGAかも?なぜ産毛が増える?