薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > 【クリニック監修】有酸素運動が育毛に効果があるのか知りたい!

更新日:|公開日:

【クリニック監修】有酸素運動が育毛に効果があるのか知りたい!

【有酸素運動は育毛に効果アリ?】身体機能を活性化させる有酸素運動は、育毛に効果が期待できるとされています。それには、どんな理由があるのでしょうか。また、育毛に効果的な有酸素運動とは、どのように実践すればいいのでしょうか。有酸素運動と育毛の関係を、詳しく解説します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

どうして有酸素運動が育毛に効果が期待できるの?

運動やスポーツは身体機能を活性化させることから、育毛にも効果があると言われています。
運動には大きく分けて、適度な負荷が継続的にかかり、酸素を使って筋肉を動かして脂肪を燃焼させる「有酸素運動」と、短時間で大きな力を必要とし、糖質をエネルギー源にする「無酸素運動」の2種類があります。
ここでは有酸素運動にフォーカスし、どうして有酸素運動が育毛に効果があるのかを説明します。

有酸素運動が育毛に効果的な理由(1)
運動が血行を促進する

髪は、頭皮の中にある毛母細胞が細胞分裂し、角化することで成長していきます。髪の主成分は、18種類のアミノ酸で構成される「ケラチン」というたんぱく質です。このケラチンの生成に必要な栄養は、毛細血管に流れる血液から届きます。
血流が豊かなほど、毛母細胞が受け取る栄養は多くなります。逆に、血流が乏しいほど、毛母細胞が受け取る栄養は少なくなります。

運動不足が薄毛の原因になると言われているのは、こうした理由があるからなのです。

有酸素運動が育毛に効果的な理由(2)
運動によって体の代謝が活性化する

人の体は加齢に伴って新陳代謝のスピードが低下します。
運動によって血流が良くなることは毛母細胞の活性化にもつながり、育毛にも効果的であると考えられています。

有酸素運動が育毛に効果的な理由(3)
運動による発汗の爽快感が自律神経バランスの改善などにつながる

運動をすると汗をかきます。一説によると、発汗による汗が毛穴に詰まっている老廃物やゴミを取り除き、頭皮環境の改善につながるともいわれています。しかしそれ以上に、運動で汗をかくことによる爽快感や達成感が自律神経のバランス改善につながり、身体機能のコンディションが高まることによって育毛につながると考えられます。

ただし、汗をかいた状態を放置するとそこから雑菌が繁殖する可能性もあります。運動後はシャワーや入浴などで頭皮環境を清潔にしましょう。

“有酸素運動による育毛”は生活習慣病の解消につながる

「育毛」は、その土台となる体の健康に依る部分も少なくありません。
有酸素運動や、その他の生活習慣の見直しや改善による育毛への取り組みは、そのまま生活習慣病の解消に役立ちます。

(参照|ヘアメディカル「薄毛対策と予防」

 

有酸素運動を中心に、無理のない運動で育毛を

前述した通り、運動には大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つに分けることができます。有酸素運動も無酸素運動も、ともに身体機能の活性化につながるので、どちらも育毛や健康維持への効果が期待できます。

その上で、有酸素運動のメリットを挙げるなら、有酸素運動は無酸素運動よりも身体的な負荷が少ないという点が挙げられます。

無酸素運動は、短時間に大きな筋力を使うことが特徴です。例えばジムの筋トレや、陸上の100m走がこれにあたります。要するにハードな運動です。無酸素運動で筋肉がつけば基礎代謝も上がり、自然と血流も良くなるため、育毛にも効果的です。

しかし、薄毛や抜け毛に悩む人たちに多い中年以降の世代だけでなく、一般的にもそうしたハードな運動よりは、有酸素の方が取り組みやすく、長期的な視野に立ち、適度な健康維持と育毛を目的とするなら、有酸素運動の方が継続しやすいと言えるでしょう。
もちろん個人差もあるので「育毛とマッチョを同時に目指す」という人なら、無酸素運動も有効な選択肢です。

体の最上部にある頭部は、血行が滞りやすい場所です。有酸素運動および無酸素運動によって体が活性化すれば、自ずと頭部まで新鮮な血液が循環され、育毛に良い環境を作り出してくれることでしょう。

有酸素運動の例

・ジョギング
・ウォーキング
・水泳
・サイクリング
・エアロビクス
・レクスポーツ
・ヨガ など

 

効果的な有酸素運動の方法とは?

育毛のために有酸素運動をするのなら、効果的に行いたいものです。

(引用)
「中等度の有酸素運動を少なくとも週5日、または高強度の有酸素運動を少なくとも週3日、あるいは中等度と高強度の有酸素運動を組み合わせた週3~5日の運動が推奨される」
(引用ここまで)

(引用元|公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット 「有酸素運動とは」

生活習慣病予防に効果的な有酸素運動はぜひ取り入れたいものではありますが、自己判断で頑張りすぎるとケガの元にもなります。
あまり運動経験がない人や、「とりあえず何か運動をしたいけど、なにからすればいいかわからない」という人は、スポーツジムなどでスポーツトレーナーからご自身に合った運動指導をしてもらうことをお勧めします。

 

発毛・育毛を本格的に行いたいときは専門のクリニックに相談しよう

以上のように、有酸素運動は健康増進ばかりでなく、育毛にも効果が期待できることがおわかりかと思います。

しかし、もし現時点で薄毛が進んでいるなら、有酸素運動も大切ですが、根本的な薄毛の対策を検討した方がいいでしょう。
なぜなら、有酸素運動による育毛促進は、あくまで現状の髪を守るという意味での「育毛」で、薄毛が進行中の場合は、よりアグレッシブな「発毛」効果が必要だからです。

成人男性の薄毛は、その多くが「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる脱毛症です。AGAは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に作用し、毛母細胞の発毛能力が衰えることが原因です。このAGAを改善させるには、いくら生活習慣を整えたり、有酸素運動を行っても、根本的な解決には至りません。

AGAをはじめとする薄毛の情報については、当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のこちらのコラムで詳しく解説しています。

専門クリニックの無料カウンセリングで発毛・育毛の第一歩を!

いくら有酸素運動に励んでも、育毛がうまくいかないときは、AGAなどの脱毛症を発症している可能性があります。その場合、発毛・育毛の専門クリニックに相談することをお勧めします。

薄毛の症状は人によって千差万別なので、素人が自己判断をベースにした治療は危険です。その点、専門クリニックなら、発毛・育毛治療の専門的な治療経験から、最適な対策をご提案することが可能です。

とはいえ「いきなり発毛・育毛の治療はハードルが高い」という人は、まずは予約制の無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。大まかな治療の費用や、クリニックの雰囲気などを最初に確かめ、それから発毛。育毛治療を検討してもいいでしょう。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリングフォーム

 

(まとめ)

有酸素運動と育毛の記事はいかがでしたか?有酸素運動は、体の健康増進にとって大切なことで、育毛にも効果が期待できます。しかし、現時点で薄毛が進行しているなら、発毛のアクションが必要です。
有酸素運動の相談は、スポーツジムのトレーナーに、育毛と発毛の相談は、頭髪治療専門のクリニックに相談しましょう。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】薄毛は分け目から始まる?

次の記事

【クリニック監修】水分不足になると薄毛になるの? 睡眠不足で注意すべきこと!