薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薄毛 > 【クリニック監修】薄毛は分け目から始まる?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】薄毛は分け目から始まる?

薄毛は頭頂部や生え際から始まる、と思っていませんか。実は分け目も重要な薄毛のスタートポイント。今は「分け目だけ」でも、そのうち「分け目から」始まっていた、などということにならないように、今から分け目の薄毛に対してケアをしましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

薄毛は分け目から?つむじから?薄毛は分け目も要注意

薄毛が分け目からも目につくようになること、ご存知ですか?

つむじや生え際は、「薄毛のはじまり」として多くの人が、気をつけています。
でも、分け目は意外と盲点。分け目に意識がいく人は、つむじや生え際を気にする人に比べて少ないようです。
特に、現在のヘアスタイルが馴染んでいればいるほど、同じヘアスタイルを継続してしまい、「あれ、分け目が広がってきた」と感じた時は、薄毛がかなり進行していることもあります。

決して他人事ではない分け目の薄毛。
その原因や対策などを説明します。

 

薄毛の分け目は、何が原因?

分け目が薄毛になる原因を挙げてみましょう。

いつも同じ髪型をしている

もともとの毛の生え方や髪のクセもありますが、髪の毛には「分けやすい場所」が存在します。
そこで分けるとまとめやすい、自然に流れる、などの理由でついつい同じ場所で分けていませんか。

いつも同じ場所で分けているということは、同じ場所にスタイリング剤がたくさんかかったり、髪の重みが集中しているということです。
さほど重くなくても同じ方向にまとめられているというのは、それなりに髪に負荷がかかります。
男性でも最近は「サムライヘア」と称して結わえたヘアスタイルを楽しむ人も増えていますが、縛るという行為は、さらに髪に負担となります。

AGA(FAGA)による薄毛

AGA(男性型脱毛症)は日本の成人男性の約3割が発症する、男性ホルモンに起因する脱毛症状です。毛根で毛を作る「毛母細胞」の働きが悪くなることで、徐々に薄毛になっていきます。
発症する部位は「前頭部(額)の生え際」や「頭頂部」が多く、このあたりの毛髪がだんだんと細く弱くなり、早く抜けていく、を繰り返してやがて生えなくなってしまいます。

頭頂から薄毛が始まって、つむじや分け目も含めて薄くなっていくこともあります。

また、女性版のAGAはFAGAとよばれ、こちらは女性ホルモンの分泌量が減ることから始まり、男性ホルモンの影響で脱毛していきます。
女性のFAGAの場合は、男性のAGAとは違い、全体的にまばらになっていく「びまん性脱毛症」と呼ばれる脱毛症状が多く、男性とは違い頭皮がすっかり見えるほど脱毛することは稀です。
しかし、「薄毛の進行が分け目からわかる」といえば、こちらの症状が当てはまるかもしれません。

AGAやFAGAについては、こちらにも記事がございますので、よろしければお読みください。

休止期脱毛(初期脱毛)

過度の疲労や睡眠不足、栄養不足、ストレスなど、心身への負荷が強く髪が育ちにくい状態が続くと、髪が成長を止めてしまい、ヘアサイクルの「休止期(髪が成長を止めて生え変わるのを待っている時期)」に入ってしまうことがあります。

負荷がなくなり、再びヘアサイクルが動き出すと、髪を作る細胞は滞っていたヘアサイクルをリセットし、新しい髪を作り始めます。
このリセットの時に、古い髪が短い間にまとめて抜ける症状、あるいは休止期脱毛が長く、生え変わりを待っていた髪も抜けてしまった状態が「休止期脱毛(初期脱毛)」です。

心身の健康が回復すれば、髪も再び生えてきますが、人によっては、脱毛した状態はかなり薄毛になることもあります。
女性のびまん性脱毛症のようになったり、AGAが悪化したように症状が出ることもありますが、概ね「薄毛」であることは間違いないようです。
この場合も、薄毛で分け目が気になる症状に当てはまると考えていいでしょう。

 

分け目の薄毛の効果的な予防法は

髪型をときどきチェンジする

似合うと言われたからといって、いつも同じ髪型をしているのは良くありません。
分け目を時々変えることで、特定の場所の髪の毛に負担がかかるのを防ぎましょう。

新しく分け目をつくるコツ

しっかりとクセになってしまった分け目以外の分け目をつくるには、シャンプー後、髪を乾かす前に髪をとかして新しい毛の流れをつくってから、ドライヤーを当てます。
⒈ 新しい分け目の反対側から温風を当てる
⒉ 根元を立たせるつもりで、根元にも温風を当てる
⒊ 流したい方向に髪を流し、温風を当てる
⒋ 最後に冷風に切り替え、髪にボリュームを持たせる

分け目を変えることはもっとも簡単なイメージチェンジです。
「いつもの自分」を少し変える楽しみ、味わってみませんか。

日ごろの生活を見直す

分け目の薄毛の原因は、何も紫外線や同じ髪型だけではありません。日ごろのヘアケア、食生活、ストレスなども薄毛に影響を及ぼします。

食生活を見直す

貴方の髪の毛をつくっているのは、貴方が食べるものです。
肉ばかり、脂っこいものばかり、スナック菓子が食事の代わり、など栄養バランスの悪い食生活が髪に良くないことはお分かりですね。
野菜も肉も魚もまんべんなく食べ、栄養バランスに配慮した食事をしましょう。

どの栄養素もまんべんなく摂取することはとても大事ですが、髪の成長には次の栄養素が特に大事だと言われます。
頭の隅に覚えておいてください。
・ビタミンB2:レバー、うなぎ、納豆、卵、乳製品など
・ビタミンB6:にんにく、マグロ、レバーなど
・亜鉛:カキ、アサリ、牛肉、レバーなど

レバーは健康な髪の毛の強い味方ということが言えますね。「レバー最強!」

睡眠不足を解消する

私たちの体は、眠っている間に、日中受けたダメージを回復します。また、髪の成長に欠かせない成長ホルモンは入眠後の3時間くらいの間に最も分泌されると言われます。
つまり、慢性的な睡眠不足や、眠りが浅い状態では、頭皮や髪のダメージが修復されないばかりでなく、成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼし、髪の毛の成長が抑制されてしまいます。

適度に体を動かしたり、眠くなくても早めにベッドに入って体を横にしたり、部屋を薄暗くするなどして、スムーズに眠りに入っていけるよう努めてください。
また、寝る前のスマホをやめたり、寝る直前の飲食をやめたりして、質の良い睡眠が確保できるようにしてみましょう。

ストレス解消

人は、常にストレスにさらされていると、自律神経が乱れることがあります。自律神経の乱れは、血行不良のもととなったり、ホルモンバランスの乱れにつながることもあります。それが頭皮環境の悪化にもなりかねませんから、ストレスは上手に発散させましょう。
カラオケに行く、趣味の時間を持つ、散歩をする、など自分に合った方法で発散させてくださいね。

ヘアケアを見直す

シャンプー

シャンプーは髪や頭皮に合っていますか。
薄毛を気にするなら、少しでも髪に良いシャンプーを使いたいものです。

市販されているシャンプーの中で一番製品数が多い高級アルコール系シャンプーは、安価で買いやすいのですが、洗浄力が強く皮脂を落としすぎて、頭皮の乾燥を招くこともあります。

アミノ酸系シャンプーは、ちょっと価格が高めなのですが、洗浄力が強すぎず穏やかだったり、保湿成分が配合されていたり、髪と地肌に優しいタイプのものが多い印象があります。

髪の洗い方

洗い方にも注意が必要です。
シャンプーをつける前に、ぬるま湯で予洗いをし、ざっと汚れを落としてからシャンプーをつけて洗います。
シャンプーは頭で泡立てるのではなく、手のひらで泡立ててから頭にのせて洗います。
爪でゴシゴシは厳禁。指の腹でマッサージするようにやさしく洗いましょう。
すすぎは丁寧に。すすぎ残しのないようにしっかりすすぎます。
乾かす際にはドライヤーを使って、サッと乾かします。

洗髪は毎日のことですので、頭皮の状態に適したシャンプーを選び、洗い方や乾かし方に気をつけるようにしましょう。

マッサージ

頭皮マッサージをしたことはありますか。
最近は美容室でも頭皮マッサージをしてくれるところが増えていますが、気分もサッパリして、自分でやっても、気持ちの良いものです。

リフレッシュを兼ねてマッサージも、ヘアケアに取り入れてみてはどうでしょうか。

薄毛の原因や対策についての情報はこちらにも説明があります。
是非こちらもご一読ください。

 

分け目の薄毛が気になったら頭髪治療専門クリニックへ

分け目が薄毛になる原因はさまざま。
もしも、その分け目の薄毛が、薄毛の始まりだったら、セルフケアでできることには限界があります。
日常生活の改善だけでは、貴方の努力が実を結ばない可能性もあり得ます。

そんな時には、頭髪治療を専門に行っているクリニックがおススメです。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)は、開業20年の老舗頭髪治療専門クリニック。これまでに210万人以上の患者様を診てきています。(2019年現在)

分け目だけでなく、つむじや生え際も薄毛になりやすい箇所。しかし、薄毛とひと口に言っても、その原因から進行状況などは人によって違いますし、自分では気がつかない徴候があるかもしれません。
そんな小さな徴候を見つけてくれるのも頭髪治療を専門にしている医師ならでは。さまざまな視点から、原因を突き止め、その原因に合った治療を提案します。

まだ薄毛になってもいないのに、治療はちょっと…という方は、無料カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。
現在の生活状況や体質などをお聞きし、薄毛予防や治療についての具体的なご説明をさせていただきます。

後になって「あの時カウンセリングに行っておけば…」と思っても、時間は戻りません。
その時、その時に、最善と思われることに力を費やしていく必要があるのは、薄毛治療に限ったことではありません。

今、一歩を踏み出すことが大事です。
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリングフォーム

 

まとめ

分け目の薄毛の記事はいかがでしたか。
分け目の薄毛の原因が意外にもいくつもありましたね。
分け目を変えるなどの自分でできる対策もあれば、自分ではどうにもならないこともあります。

自分で何もできないからと気落ちするのではなく、そこは専門家の力を借りて、悩みを軽くしましょう。

今は「分け目だけ」かもしれませんが、将来的に、あのとき「分け目から」始まっていた、などということにならないためにも、早めに頭髪治療専門のクリニックへ医師のアドバイスを受けに行きましょう。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】ミノキシジルの購入方法 価格は?購入時の注意は?

次の記事

【クリニック監修】有酸素運動が育毛に効果があるのか知りたい!