薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薬・成分 > 【クリニック監修】AGA治療薬「フィンペシア」の効果をずばり解説

更新日:|公開日:

【クリニック監修】AGA治療薬「フィンペシア」の効果をずばり解説

【フィンペシアの効果】「フィンペシア」はインド製のフィナステリド製剤です。フィンペシアにはどのような効果があるのでしょうか?副作用やリスクはないのでしょうか?フィンペシアの入手方法はあるのでしょうか?フィンペシアの効果について解説します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

「フィンペシア」ってなに?その効果は?

男性型脱毛(AGA/MPHL)に悩む男性の皆さんは、さまざまなAGA治療薬の情報を集め、その 1つとして、「フィンペシア」の名前を見聞きしたことはありませんか?

日本ではなじみの薄い「フィンペシア」とは、どのような薬なのでしょうか?
「フィンペシア」にはどんな効果があるのでしょうか?

「フィンペシア」の基本情報とその効果について調べてみましょう。

 

フィンペシアの効果(1) 「フィンペシア」の基本情報

フィンペシアの効果について知る前に、まずはフィンペシアの基本情報を確認しておきましょう。

「フィンペシア」はインド製フィナステリド製剤

「フィンペシア(finpecia)」とは、シプラ社(cipla)というインドの製薬会社が製造・販売しているAGA治療薬の名称です。

フィンペシアの主成分は、「フィナステリド」です。
フィナステリドは「5α-還元酵素阻害薬」に分類される医薬品の一般名(成分名)で、前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA/MPHL)に効果・効能があります。

「フィンペシア」と「プロペシア」

フィンペシアは、前述の通りインドの製薬会社が製造・販売している医薬品なので、日本ではあまりなじみがありません。

日本で製造・販売されているフィナステリドを主成分とするAGA治療薬に、「プロペシア(製造・販売:MSD社)」があります。

ネット上のコラムなどでは、「フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)」と表記している記事も散見しますが、正確を期すとこれは誤りです。

たしかに現在では、日本でもプロペシアのジェネリック医薬品が、いくつかの製薬会社からリリースされています。これはプロペシアの特許権が切れたため、プロペシアを開発したMSD社以外でも製造・販売が許されるようになったからです。

しかし、フィンペシアは、その特許権が切れる前から製造・販売されていました。
これは、インドにおける医薬品の知的財産に関する法律制度が、日本や欧米諸国とは異なるからです。つまり、日本や欧米諸国などで開発された先発薬の特許権が切れる前から、インド国内ではその医薬品の模倣薬(コピー薬)の製造ができたのです。
(※2005年のインドの法改正により、物質特許が導入され、製造、販売、使用も含めて特許が保護されるようになったため、現在は模倣薬の製造はされていません。)

フィンペシアは、そうしたインド製模倣薬の1つなのです。

(参考)
神戸大学 経済経営研究所 上池あつ子 佐藤隆弘 アラダナ・アガルワル「インドの製薬産業における生産性ダイナミクス「年次工業調査」の個票データを利用して」2011年6月2日)
三井物産戦略研究所 知財戦略室 宮城康史「後発薬大国 インドの特殊知財事情

 

フィンペシアの効果(2) 日本皮膚科学会が推すAGA治療とは

フィンペシアの効果について知る前に、フィンペシアの主成分・フィナステリドについておさらいをしておきましょう。

ひとくちに男性型脱毛症(AGA/MPHL)の治療法といってもさまざまあり、その効果もピンからキリまであります。

日本皮膚科学会は、こうしたさまざまな治療法を科学的に評価して、5段階に分類しています。

その分類で、もっとも評価の高い「推奨度A:行うことを強く勧める」と指摘された治療法が下記の3つで、「フィナステリド製剤の内服」はその1つとして評価されています。

<日本皮膚科学会が推奨するAGA治療法>
・ミノキシジルの外用(薬)
・フィナステリドの内服(薬)
・デュタステリドの内服(薬)

(日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」より)

フィナステリドの作用機序

フィナステリドは、どのような作用で男性型脱毛症(AGA/MPHL)の治療に効果を発揮するのでしょうか?

フィナステリドは生体内にある「5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)」という酵素の働きを阻害しますが、それによって、男性型脱毛症(AGA/MPHL)の発症と深くかかわりのある物質の生成が抑制されるのです。
その物質とは、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。

生体内にある「テストステロン(男性ホルモンの1種)」は、5α-還元酵素の作用を受けると活性の高いDHTへと代謝されます。DHTが、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると、毛母細胞の分裂を抑制するシグナルが発生して、その結果、ヘアサイクル(毛周期)が乱れ、毛髪の軟毛化が進むなど、男性型脱毛症(AGA/MPHL)の症状が進行します。

フィナステリドによって5α-還元酵素のはたらきが阻害されると、DHTの生成も抑えられ、男性型脱毛症(AGA/MPHL)の進行も抑制できるのです。

なお、フィナステリドの作用についてのアニメ「How does Finasteride Work?」が、「フィンペシア」の製造・販売元であるシプラ社のウェブサイトで観ることができます。

 

フィンペシアの効果(3) フィンペシアの効果と副作用

フィンペシアには、どんな効果や副作用があるのでしょうか?

「フィンペシア」の効果が現れるのは3〜6か月以降

フィンペシアの添付文書には、下記のような記載があります。

(引用)
一般的に、利益(benefit)が観察されるには、3か月以上、毎日使用することが必要です。
(引用ここまで)

(引用元|FINPECIA(CIPLA) 添付文書

また、フィンペシアと同じフィナステリドを主成分とするプロペシアの添付文書には、下記のように記載されています。

(引用)
3か月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6か月の連日投与が必要である。
(引用ここまで)

(引用元|プロペシア 添付文書

つまり、フィンペシアなどフィナステリド製剤の効果は、3〜6か月以上服用を続けないと現れてはこないということです。

使用者の3/4は効果を実感する

フィンペシアなどのフィナステリド製剤の服用を6か月〜1年続けると、抜け毛が減少し、後退していた生え際が前進し、毛髪のボリュームを感じられるようになります。

さらに1〜3年使用すると、使用者の4人のうち3人が、効果を実感するようになるといわれています。

「フィンペシア」の副作用

フィンペシアには、どのような副作用があるのでしょうか?
フィンペシアの添付文書の記載を確認してみましょう。

フィナステリドの副作用
・過敏反応:発疹、かゆみ、じんま疹、唇や顔の腫脹を含む過敏反応
・生殖器系:勃起不全、性欲障害、射精障害、オルガスム障害などの、治療中止後も継続する性機能障害。男性の不妊症、精液の質の低下。精巣痛
・新生物:男性乳癌
・乳房障害:乳房の圧痛と肥大
・神経・精神系:抑うつ症
・心機能障害:動悸
・肝胆道障害:肝酵素の増加

(引用|FINPECIA(CIPLA) 添付文書)

フィナステリド製剤では性機能への障害の報告があるため、妊活(子作り)中の男性は、使用前に医師とよく相談する方がよいでしょう。
また、使用によって肝機能障害が現れる場合があるため、肝機能のモニタリング(定期的な肝機能検査)を行うことが推奨されます。

「フィンペシア」の入手方法

前述のようにフィンペシアはインドで製造されている医薬品です。
日本で入手するには、どうすればいいのでしょうか?

一部の頭髪治療専門クリニックでは、フィンペシアを処方しているところもあるようです。
こうしたクリニックで処方してもらうのであれば、フィンペシアを安心して使用することができるでしょう。

また、フィンペシアは個人輸入で購入することも可能です。
しかし、医薬品の個人輸入では、粗悪品や偽造品による健康被害なども多発していて、厚生労働省なども注意喚起しているほどです。
個人輸入で購入したフィンペシアを使用することは、おすすめできません。

そもそも、フィナステリド製剤には国産のジェネリック医薬品も普及しているので、海外製品を個人輸入するメリットも大きくはないと思われます。

 

フィンペシアの効果(4) AGA治療は頭髪治療専門クリニックで

フィンペシアは、長期間使用することで男性型脱毛症(AGA/MPHL)の進行を抑制し、後退していた生え際を回復したり、毛髪のボリュームをアップすることが期待できます。

しかし、副作用もあるため、使用時には医師の指導が不可欠です。

もしフィンペシアなどフィナステリド製剤の使用を検討したいのであれば、頭髪治療専門クリニックなどで処方してもらうべきでしょう。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、ミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬を用いた男性型脱毛(AGA/MPHL)の治療を行っています。
無料カウンセリングもありますので、ぜひご相談ください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリング

なお、フィンペシア(主成分:フィナステリド)やミノキシジルなどAGA治療については、Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)・頭髪コラムにも詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

 

【まとめ】

AGA治療薬の「フィンペシア」について、ご理解いただけたでしょうか?

フィンペシアは、フィナステリドを主成分とするインド製の医薬品です。

フィナステリド製剤は、男性型脱毛症(AGA/MPHL)の治療に効果を発揮します。

一方、性機能や肝機能への障害などの副作用のリスクもあります。

こうしたリスクをコントロールしながら、フィナステリド製剤の効果を得るためには、頭髪治療専門クリニックの医師などの指導が不可欠でしょう。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】プロペシアの初期脱毛について知りたい!どうして脱毛するの?

次の記事

【クリニック監修】ミノキシジルの購入方法 価格は?購入時の注意は?