薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薬・成分 > プロペシア > 【クリニック監修】プロペシアの初期脱毛について知りたい!どうして脱毛するの?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】プロペシアの初期脱毛について知りたい!どうして脱毛するの?

【プロペシアの初期脱毛とは?】プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。確かな治療効果がありますが、治療の初期の頃に脱毛が起きると言われています。一時的なことにしろ、なぜプロペシアには初期脱毛があるのか、治療に悪影響はないのかなど、気になるポイントを分かりやすく説明します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

プロペシアの初期脱毛はどうして発生する?

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。厚生労働省から製造・販売の認可を受けた医薬品だけあり、その確かな治療効果が知られています。
しかし、プロペシアを使用すると”初期脱毛“と呼ばれる脱毛症状が起こることをご存知でしょうか。AGAを治療するために使用したのに脱毛が増えるのは、一時的なこととはいえ、ショックなことです。プロペシアの初期脱毛はどうして起こるのかを、詳しく解説しましょう。

なお、プロペシアの概要や効果、価格についてはこちらの記事もご覧ください。

 

プロペシアの初期脱毛はどうして発生するのか(1)
まずは「ヘアサイクル」のメカニズムを知ろう

プロペシアの初期脱毛の原因を知るためには、まず髪の周期「ヘアサイクル」のメカニズムを知ることが大切です。

髪は発毛と脱毛を繰り返す

髪は、人が生まれてからずっと生え続けるわけではありません。髪は、頭皮の中にある毛母細胞が細胞分裂し、角化して成長します。しかし数年を経過すると髪は成長がストップし、毛母細胞によって新たに発毛した髪に押し出されるように脱毛します。これが“髪の寿命”です。そして、この髪の発毛と脱毛の繰り返しを「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。

髪の寿命は、個人差がありますが一般的に、男性では3年〜5年、女性では4〜6年と言われています。
人の髪は10万本ほどあり、1日に100本前後が寿命を迎えて脱毛します。しかし、同様に同じくらいの髪が発毛するので、トータルの髪のボリュームは一定に保たれるというわけです。

ヘアサイクルの乱れが脱毛につながる

AGAなどの脱毛症を発症すると、毛母細胞の活動が弱まり、髪の成長が不足したまま脱毛してしまいます。こういったヘアサイクルが乱れた状態が継続すると、発毛よりも脱毛する髪の割合が多くなり、次第に頭部の薄毛が進んでいきます。そして最終的に、毛母細胞そのものの発毛機能が失われてしまうのです。

ヘアサイクルについては、当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)のこちらの記事もご覧ください。

薄毛の原因と対策

 

プロペシアの初期脱毛は毛母細胞が活性化した証拠!

AGAを発症して、毛母細胞の活動が停滞してヘアサイクルが乱れたところにプロペシアを服用すると、毛母細胞の活動を抑制していた因子が出なくなり、再び活発になります。すると、毛母細胞が新たな髪を発毛し、その上にあった不完全な成長の髪を押し上げるような形で脱毛させます。これが、プロペシアの初期脱毛の正体です。

つまり、プロペシアの初期脱毛は、乱れたヘアサイクルが正常化されていく過程で起こるもので、むしろプロペシアの発毛作用が正常に効果を上げていることの証拠となります。ですから、何の心配もありません。

 

プロペシアの初期脱毛はどれくらいの期間続く?

プロペシアの初期脱毛は、個人差がかなりあるので、その頻度や期間は一概には言えません。
ただし一般的な傾向としては、プロペシアを服用してから1か月後くらいから初期脱毛が始まり、数ヵ月で収束していくというケースが比較的多いとされています。

 

プロペシアの初期脱毛についての注意点

プロペシアで初期脱毛が起こった場合、それはプロペシアが正常に効果を発揮していることの表れです。ですから、むしろ喜ばしいことです。とはいえ「抜け毛治療をしてどうして毛が抜けるんだ」と、焦る人もいるでしょう。そんな人のための注意点こそ重要です。

プロペシアの初期脱毛についての注意点(1)
自己判断でプロペシアの服用を中止しない

プロペシアの初期脱毛を見て、慌ててプロペシアの服用を中止しないでください。プロペシアの薬効は、当然ながらその時点でなくなってしまい、今までのAGA治療の苦労が台無しになってしまいます。
AGAのような加齢による脱毛症は、自然に回復することは絶対にありません。服用をやめたら元の状態に戻るだけで、脱毛がストップすることはないのです。

プロペシアの初期脱毛についての注意点(2)
自己判断でプロペシアの服用量を増やさない

プロペシアの初期脱毛を見て、「量を増やせば脱毛が治るかも」と自己判断して、プロペシアの服用量を増やすことは、副作用リスクの増大につながるので絶対にやめましょう。医師の適切な指導のもと、正しい用法用量を守ることが、安心安全なAGA治療の基本です。

プロペシアの初期脱毛についての注意点(3)
あまりにも脱毛期間が長い場合は他の病気の可能性も?

プロペシアによる初期脱毛は、一般的には数ヵ月で収束します。しかし、それ以降にも毎日100本以上の脱毛が続く場合は、AGA以外で何らかの病気を発症している可能性があります。プロペシアの初期脱毛ではないかもしれないので、早期に医師に相談しましょう。

 

プロペシアの初期脱毛以外の副作用や注意点も押さえておこう

プロペシアには、ある程度の副作用リスクもあります。プロペシアは医療用医薬品なので医師の診断を受けた上で使用するため、適切に使用する限り、副作用リスクは少ないといえますが、すでに服用している、あるいは服用する可能性があるなら、知識として知っておきましょう。

プロペシアのおもな副作用

プロペシアには、おもに男性の性的な問題が挙げられています。具体的には、

・勃起機能不全
・精液量の減少
・性欲の減退

などが、知られています。

他にも、

・乳房の圧痛や乳房の肥大
・抑うつ症状
・めまい

といった症状の可能性も指摘されていますが、適切に使用する限りはそれほど神経質になる必要はないと思われます。
もちろん、なんらかの副作用が出たときは早急に医師の診察を仰ぎましょう。

(参照|プロペシア「添付文書」

プロペシアは肝機能障害のある人には使用できない

プロペシアの主成分であるフィナステリドは肝臓で代謝されるため、肝機能障害のある人がプロペシアを服用すると肝臓に過大な負荷がかかるおそれがあり、慎重に判断する必要があります。既往症のある人などは、必ず医師に相談するようにしましょう。
(プロペシアの添付文書には肝機能障害のある患者が服用した場合は服用による安全性は確認されていないとも記述されています。)

プロペシアは女性や未成年の男性には使用できない

プロペシアは、女性の脱毛症へは適応していないことや、未成年男性の使用についての安全性が確認されていないため、女性と未成年には使用することはできません。

なお、プロペシアの副作用についてはこちらの記事もご覧ください。

 

プロペシアの初期脱毛は頭髪治療を専門とする医師の指導があれば安心

プロペシアは医療用医薬品なので、通常であれば医師の適切な指導のもとで処方されます。しかし中には、コスト的な問題や通院の面倒くささから、海外のネット通販などから直接購入する人もあります。しかしその行為は、購入した医薬品の品質や管理など、さまざまな問題を抱えています。海外から取り寄せたAGA治療薬を自己判断で使用すると、最悪の場合、初期脱毛どころか医療事故にもつながりかねません。

こういった理由からも、プロペシアを使用するときは必ず、専門のクリニックで処方してもらいましょう。医師による適切な指導があれば、プロペシアの初期脱毛も怖くありません。

また、AGAの症状は、人それぞれ異なります。ただプロペシアを使うだけでなく、AGA治療薬のミノキシジルを併用したり、発毛を後押しする生活指導や栄養指導を行うことも可能ですので、相乗効果による発毛が期待できます。

まずは無料カウンセリングに申し込んでみて、クリニックの雰囲気を確かめてみましょう。Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)の無料カウンセリングは、予約制です。下記フォームから申し込むことが可能です。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリングフォーム

 

(まとめ)

プロペシアの初期脱毛に関する記事はいかがでしたか?プロペシアの初期脱毛はプロペシアがAGAの治療に効果を示している証拠です。初期脱毛にあわてることなく、医師の指導のもと適切な使用を心がけましょう。

なお、ミノキシジルなど他のAGA治療薬、FAGA(女性男性型脱毛症)についてはこちらの記事もご覧ください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】初期脱毛は怖くない!初期脱毛に関する不安を解決します!

次の記事

【クリニック監修】AGA治療薬「フィンペシア」の効果をずばり解説