薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > 【クリニック監修】初期脱毛は怖くない!初期脱毛に関する不安を解決します!

更新日:|公開日:

【クリニック監修】初期脱毛は怖くない!初期脱毛に関する不安を解決します!

「初期脱毛」をAGA治療の副作用の1つだと思っていませんか。それは間違った認識です。初期脱毛は、治療効果が出始めた証拠。一時は心配になりますが、その時期が過ぎれば、今度ははっきり分かる形で効果が見えてきます。不安がらずに初期脱毛を乗り切りましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

「初期脱毛」は心配無用!

初期脱毛は、AGA治療を始めて間もなくに起きる抜け毛です。

抜けないように、新たに増やしたくて治療をしているのに、以前より抜け毛が増えるなんて「もしかして、薬が効いていないのでは?」。そう思ってしまうのも無理はありません。
でも、ご安心ください。
AGA治療を始めてから見られるこの「初期脱毛」は、治療効果の現れの1つです。

なぜ、毛が抜けることが治療効果の表れなのか、次からお話しします。

 

ヘアサイクルとAGA発症の仕組み

ヘアサイクルとは

頭部に約10万本あるといわれる私たちの髪の毛は、常に生えたり抜けたりして生まれ変わっています。

<成長期>毛母細胞が活発に細胞分裂を行い、髪の毛がグングン成長する時期(2~6年間)

<退行期>毛母細胞の働きが弱くなって髪の毛の成長が止まる時期(約3週間)

<休止期>寿命を終えた髪は抜けるのを待つばかりで、毛根では次の髪の毛が生える準備をしている(約3~6ヶ月)

1本1本がこのように繰り返し、続いていく成長の周期を「ヘアサイクル」と呼びます。

AGAの発症の仕組み

男性ホルモンの1つ・テストステロンが毛乳頭細胞内に存在する「5αリダクターゼ」という酵素と反応してDHT(ジヒドロテストステロン)に代謝されます。

さらに、DHTが毛乳頭細胞に存在するアンドロゲン受容体と結合すると、毛乳頭細胞が脱毛指令を出し、成長期を短く、そして休止期を長くしてしまいます。
ヘアサイクルが乱れた結果、髪の毛が十分に育たず、細く短い毛ばかりになって、頭部が薄毛になります。
これがAGAと呼ばれる症状です。

男性ホルモンは、男性にも女性にも分泌されていますが、男性がすべてAGAを発症するわけではありません。
発症しやすい素因(遺伝や生活環境など)も大きく関与してきます。

AGAは進行性の脱毛症で、一度発症すると、治療を行わない限り薄毛が進行していきます。

 

初期脱毛が起こる仕組み

AGA治療は、大きく分けて
・抜け毛を抑える治療
・発毛を促す治療
の2つに分けられます。

この2つの治療が髪や頭皮に及ぼす影響は違いますが、どちらの治療でも初期脱毛が起こり得ます。

抜け毛を抑える治療で起こる初期脱毛

抜け毛を抑える治療で使われる薬は「フィナステリド」と「デュタステリド」という有効成分が配合されたものです。
フィナステリドもデュタステリドも、毛乳頭の5αリダクターゼという酵素を阻害し、テストステロンがDHTに代謝されるのを抑制して、脱毛の要因を減らします。これによって、乱れていたヘアサイクルが正常化されます。

この正常化に向かう期間に、初期脱毛が起こります。

初期脱毛が起こるのは、薬が効いている証拠なのです。

発毛を促す治療で起こる初期脱毛

発毛を促す治療に使われるのは、「ミノキシジル」という成分です。

ミノキシジルは、毛根に直接働きかけ、乱れていたヘアサイクルを正常化していきます。

・休止期の毛根を成長期へと移行させる
・成長期を長く維持する
・成長期が長くなることで毛包も大きくなり、毛も太く育っていく

このような作用で発毛と育毛を実現に導きます。

ミノキシジルがヘアサイクルを正常化に向けて働きかけて効果が出てくると、毛根はそれまでの悪いサイクルを一旦リセットし、新しいサイクルに入ろうとします。
この「一旦リセット」に伴って起きるのが、ミノキシジルによる初期脱毛です。

結論!初期脱毛は薬が効いている証

AGA治療を始めてすぐに起こる初期脱毛は、先の通り「ヘアサイクルの休止期にあった髪が再び動き出し、新しい髪の成長期に入る前に古い髪を落とすタイミングで起きます。
つまり、薬の効果の兆しです。
「治療しているのになぜ」という気持ちも、ここは「よし、効いてきたぞ」と思って必要以上に不安がらずに乗り切ってください。

 

初期脱毛が起こったら

初期脱毛はいつまで続く?

初期脱毛の期間は、正常なヘアサイクルが始まるための準備期間です。
ところでこの準備期間はどのくらい続くのでしょう。

多くの場合、初期脱毛は治療を始めて3週間~1ケ月で起き始め、その後3ヶ月目あたりまで続く
ことが多いと言われます。
もちろん、個人差はありますし、なかには初期脱毛を全然感じないという人もいます。

また、初期脱毛の期間中はずっと抜け続けると思っている人もいますが、案外そうではありません。
初期脱毛の期間中も、抜け毛の量は増えたり減ったりを繰り返します。
そして多くの場合、治療開始3ヶ月前後で、抜け毛の量が減り、初期脱毛期間の終わりを実感する、といった感じのようです。

どうやって乗り切る?初期脱毛の期間

初期脱毛は副作用ではありません。AGA治療薬が効いているからこそ起こる現象です。
この期間を無理に止めることはできません。

むしろ、この期間こそ、新たな「健康な」髪が生えてくる準備期間と捉えて、頭皮マッサージなどで頭皮の血行を良くしたり、食事を見直して栄養バランスの良い食事を摂るなどして、外側からと内側からその環境を整えて、新しい髪の毛が生えてくるのを待ちましょう。

不安なときにはクリニックに相談を

理屈では分かっていても、実際に抜けていく髪の毛を見ると、心中穏やかではいられないものかもしれません。

かといって、「やっぱりダメだ」と自分で治療を中断する判断を下してしまうのは、残念なことです。
1人で不安な気持ちに負けそうな時こそ、クリニックにご相談ください。

「本当に抜け毛が止まるのか」「本当に生えてくるのか」など、薄毛治療は何かと不安がつきまとい、心が折れそうになることもあります。
そんな時にひとりで悩まず、頭髪治療の専門家にしっかりと話をしてもらうほうが、より納得もできるでしょう。
また、本人の治療の状態に合わせたアドバイスなどをもらえるのも、頭髪治療専門クリニックならでは。

クリニックはただ薬を処方してくれるところ、ではありません。
薄毛の悩みを少しでも軽くし、前向きに進んでいくための勇気と知恵をもらうところでもあります。

土日も診療、Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

大阪で、薄毛治療において20年の歴史を持つ「Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)」では、グループ全体で200万人以上の豊富な治療経験に基づいた発毛治療で、多くの人を悩みから救ってきました。
薄毛治療のプロ集団から見れば、初期脱毛は悩むことではなく、むしろ効果の兆しが見えたと喜ぶべきことです。
しかし、一般の人にそれほどの知識がないのは当たり前。
そんな時こそ、発毛治療に特化したクリニックを利用して、少しでも心を軽くしてください。

薄毛治療の専門クリニックに興味はあるけど、どんなところか不安…そんな人は、下見を兼ねて是非一度カウンセリングにいらっしゃいませんか。
専門スタッフが治療全般についてご説明します。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリングフォーム

 

(まとめ)

初期脱毛はAGA治療薬の副作用だ、と思っている人も世の中にはいらっしゃるようですが、決して副作用ではないことがお分かりいただけたでしょうか。
初期脱毛は、薬が効いている証、これからもっと効果が出てくるという兆しです。

実際に髪が抜けてくるその時期を、喜んで過ごすというわけにはいかないでしょうが、少なくとも無用な心配をしないで過ごしてください。
くれぐれも勝手に自己判断して治療を中断しないように、それだけは心してください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】AGA治療は医療費控除の対象?対象外?

次の記事

【クリニック監修】プロペシアの初期脱毛について知りたい!どうして脱毛するの?