薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > AGAの費用 > 【クリニック監修】AGA治療は医療費控除の対象?対象外?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】AGA治療は医療費控除の対象?対象外?

【AGAの治療費は医療費控除の対象なのか知りたい!】AGAの治療は保険治療ではなく自費治療になります。その治療費は確定申告で医療費控除の対象になるのでしょうか。AGA治療費と確定申告について詳しく説明します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

AGA治療費で医療費控除を受けたい!

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3割が発症するといわれる、男性にとって深刻な悩みです。しかし、見た目の問題はもちろんのこと、実はお財布の悩みも大きいものです。なぜなら、AGAの治療は健康保険適用外の自由診療なので、一般的な疾病の治療費よりも比較的高額になるからです。

「少しでも、AGAの治療費の負担を軽減したい。」
そんな時に頭に浮かぶのは、確定申告の医療費控除です。AGAの治療費を医療費控除できれば、相当の負担軽減になります。

AGAの治療費については、こちらの記事もお読みください。

 

そもそも医療費控除とは何か?

医療費控除とは、国税庁の公式ホームページによれば以下のように解説されています。

(引用)
「その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(下記3参照)の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。」
(引用ここまで/引用元|国税庁ホームページ No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)「1.医療費控除の概要」)
※(下記3参照)は本文まま

医療費控除の金額は最高200万円で、各種の保険契約で支給された給付金などを引いた金額から、さらに10万円をマイナスした金額が、控除対象金額となります
●医療費控除の計算式
支払った医療費—給付金—10万円=医療費控除額(最高200万円)

 

医療費控除が受けられない治療行為とは?

医療費控除は、すべての治療で受けられる訳ではありません。所得税法73条、所得税法施行令207条など関連する法律の内容から、以下のように分けられています。

医療費控除が受けられる「医療行為」

医療費控除が受けられる医療行為とは、
「疾病などを患い、その診療や治療および介護などを受けなければ健康的な生活を送ることが困難であり、診療や治療を受ける必然性がある場合」
に、医療費控除は適用されます。
治療費や薬代はもちろん、入院費や通院にかかったタクシー代(公共の移動手段が使えない、緊急性がある場合のみ対象。)なども対象になります。

セルフメディケーション減税について

また、医療費控除とは別に、医療用医薬品から一般用医薬品に移行された医薬品(スイッチOTC医薬品)を対象とした「セルフメディケーション減税」も控除のうちの一つです。

この場合は、医療費控除と同様に、生計を一にする家族のスイッチOTC医薬品の購入金額が、「年間12,000円」を超えた場合、購入合計金額から12,000円を引いた金額が、総所得金額から控除されます。(上限88,000円。スイッチOTC医薬品の中でも、対象になるものとならないものがあります。)

医療費控除が受けられない医療行為

疾病の治療を伴わない美容整形などの審美的な治療は、医療費控除が受けられない医療行為となります。また、健康診断などの予防行為も、その時点で疾病を伴っているわけではないので、医療費控除の適用外となります。

自費治療=医療費控除の対象外、ではない

自費治療であるからといって、必ずしも医療費控除の対象外となるわけではありません。一例を挙げれば、義歯はその材質によって保険適用と保険適用外(自費治療)に分けられます。そして、どちらも医療費控除の対象です。同様に、インプラントは保険適用外(自費治療)ですが、医療費控除の対象です。

 

医療費控除が適用される境界は分かりにくい

疾病を伴う治療でなくても、妊娠中の定期健診、出産費用や介護費用などは控除対象ですが、逆に疾病の治療に関わる項目でも、自己都合の差額ベッドやマイカーでの燃料費や駐車場などは、対象外です。
医療費控除の可否の境界線は時として、グレーゾーンのようなケースも存在します。

国税庁の公式ホームページによれば、

(引用)
(人間ドック・健康診断等の費用
Q1 いわゆる人間ドックや健康診断(以下「健康診断等」といいます。)の費用は、医療費控除の対象となりますか。)
A1 康診断等の結果、重大な疾病が発見され、かつ、その診断等に引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断等は治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断等のための費用も医療費控除の対象になります。
(引用ここまで)

(引用元|国税庁 タックスアンサー No.1122 医療費控除の対象となる医療費Q&A「人間ドック・健康診断等の費用」より

と、記されています。

同様に、メタボリックシンドロームに係る特定健康診査の費用も、原則として医療費控除の対象とはなりません。しかし

(引用)
「その特定健康診査の結果、高血圧症、脂質異常症又は糖尿病と同等の状態であると認められる基準に該当すると診断され、かつ、引き続きその特定健康診査を行った医師の指示に基づき特定健康指導が行われた場合には、その特定健康診査の費用(自己負担額)も、医療費控除の対象となります。」
(引用ここまで/引用元|国税庁 タックスアンサー No.1122 医療費控除の対象となる医療費Q&A「メタボリックシンドロームに係る特定健康診査の費用」

と、記されています。

つまり、特定健康診査を受けて上記の疾患ではなかった場合は、特定健康診査は医療費控除の対象外ですが、特定健康診査にて疾病が見つかり、引き続きその健康指導を受ける場合は、特定健康診査自体も医療費控除の対象になるのです。

さらに難解なのが、眼科治療です。レーシックや角膜矯正療法は、医療費控除の対象となります。
しかし、日常的にかける近視用のメガネは

(引用)
「視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはなりません。」
(引用ここまで|国税庁 タックスアンサー「No.1122 医療費控除の対象となる医療費Q&A」

と、あります。コンタクトレンズも同様です。
ただし、斜視や白内障の治療のために必要な眼鏡は、医療費控除の対象となります。

 

AGA治療の医療費控除は見解が分かれる?

医療費控除の対象例や対象とされない例をさまざま紹介してきましたが、肝心のAGA治療に関する医療費控除は、実は見解が出されていません。むしろ、情報ソースごとに「認められる」「認められない」と、見解が分かれているのが現状です。

基本的にAGA治療は、医療費控除の対象外

しかし、一般的なAGA治療は健康保険の適応外であり、医療費控除の対象外です。
これは変わることはありあません。

・基本的に、AGA治療は医療費控除外
・何かの疾患に伴う脱毛症のためで、治療の必要がある場合など、例外的に対象となる可能性はある。

AGA治療で医療費控除を認めるかどうかは、最終的には税務署が判断するものです。
AGA治療で医療費控除を申告しても、税務署から質問がくる可能性もあります。そのときは、診断書や診療明細、領収書を用意し、税務署に納得してもらえるようにしっかりと説明できるようにしておきましょう。

AGAの医療費控除については、こちらの記事もお読みください。

脱毛の症状によっては確実に医療費控除を受けられるケースも

AGAに関しては、医療費控除が受けられるかどうかは見解が分かれると説明しました。しかし、AGAではありませんが、膠原病や鉄欠乏性貧血、甲状腺機能低下症などの病気にかかると、脱毛の症状が現れる場合があります。その病気の治療として脱毛を治療するのであれば、医療費控除は受けられるでしょう。

 

AGAは専門クリニックで診察・治療を受けて医療費控除を受けよう

AGAで医療費控除を受けるためには、医師の診察・治療が必須です。
AGAは保険適用外の自由診療なので、治療費は比較的コストがかかります。そのため、少しでもコストに見合う治療結果を求めるのは当然のことと言えます。

AGA治療の経験が豊富で、より良い結果を求めるのであれば、AGAの専門クリニックで診察・治療を受けることをお勧めします。

まずは、専門クリニックの無料カウンセリングを受けてみて、AGAの進行状況を確認してみてはいかがでしょうか。そこで、AGA治療にかかる大まかなコストも知ることができます。

脇坂クリニック大阪の無料カウンセリングは、こちらのフォームからお申し込みいただけます。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)・頭髪コラム 無料カウンセリングフォーム

 

(まとめ)

AGA治療と医療費控除についての記事はいかがでしたか?現状では、AGAは医療費控除の対象にはなりませんが、確実に男性のQOLに関わる問題です。QOLの向上によって得るものは、控除よりも大きいかもしれません。
具体的な治療の内容や費用については、無料のカウンセリングでぜひご相談ください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】プロペシアの値段の相場は?ジェネリックとの差は?

次の記事

【クリニック監修】初期脱毛は怖くない!初期脱毛に関する不安を解決します!