薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > 薬・成分 > プロペシア > 価格 > 【クリニック監修】プロペシアの値段の相場は?ジェネリックとの差は?

更新日:|公開日:

【クリニック監修】プロペシアの値段の相場は?ジェネリックとの差は?

AGA治療薬に大きな効果を発揮する「プロペシア」。AGA治療に興味のある人なら一度は聞いたことのある薬でしょう。そのプロペシアは、いったいどのくらいの値段で入手できるのか、安全な入手法やジェネリック製品との値段の差など、プロペシアの値段について説明します。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

AGA治療薬「プロペシア」ってこんな薬

そもそもAGA(男性型脱毛症)とは

プロペシアが治療に使われる「AGA」は、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれ、成人男性で薄毛に悩む人の多くが、このAGAだと言われています。

私たちの髪の毛には「ヘアサイクル」と呼ばれる周期があり、1本1本の髪の毛はその周期に基づいて生え変わっています。

≪成長期≫髪が太く長く成長する時期:約2~6年
≪退行期≫髪の毛が成長を止め抜けるのを待っている時期:約3週間
≪休止期≫毛根で新しい髪の毛がつくられ、それに押し出されるように古い毛が抜けていく時期:約3~4ヶ月

健康な髪の毛は、この約2~7年程度のサイクルを繰り返しています。

次はAGA発症のメカニズムです。
男性ホルモンの1つ「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という酵素に反応して「DHT(ジヒドロテストステロン)」という、より活性化された男性ホルモンに変換されます。

DHTは、男性らしい体つきや精神、生殖機能などに影響し、そういった面では良い方向に働くのですが、こと髪の毛に関しては良くない影響をおよぼします。

DHTが毛乳頭細胞に存在する「アンドロゲン受容体」と結合することで、毛母細胞へ脱毛指令を出し、毛母細胞の活動が抑制され、本来ならば成長期であるはずの髪の毛が成長しきらないまま抜けていき、発毛しても育たなくなります。

こうして、脱毛を促進し、発毛・育毛を阻害されることで、薄毛が進行するのがAGAです。

AGAは進行性の脱毛症です。一度発症したら、自然治癒することはありません。
何も手を施さず放置していたら、薄毛はどんどん進行します。

そこで、AGA治療薬が必要になるのです。

プロペシアとは

「プロペシア」というのは、有効成分の名前ではありません。
有効成分「フィナステリド」を主成分とする薬品の製品名です。

フィナステリドは5αリダクターゼを阻害し、テストステロンがDHTに変換されることを防ぎます。
DHTの生成を抑えることでAGAの発症を抑え、進行を遅らせることができるというわけです。

フィナステリドは、5αリダクターゼを阻害することで前立腺肥大症とAGAの治療に効果があることが先に分かっていたために作られた成分で、先に前立腺肥大の薬として開発されたのちに、改めて薄毛治療薬としても開発されました。

日本では、2005年にフィナステリド製剤「プロペシア」がMSD社から発売されました。
2015年に、MSD社の特許権存続期間が切れたため、ファイザー、沢井製薬、東和薬品など数社からプロペシアのジェネリック医薬品が発売されています。

AGA治療は、健康保険が適用されない自由診療です。
そのため、治療費や薬代などは病院ごとに違います。

AGA治療は長期の治療が必須です。
治療にかかる費用がどれくらいなのか、特に継続して服用する必要のあるプロペシアなどの薬の値段がいくらなのかを、確認してみましょう。

 

プロペシアの値段の相場

プロペシアの値段

病院によっても違いはありますが、
先発医薬品の「プロペシア」の値段は、
おおむね7,000円~10,000円(1ケ月あたり)程度です。

プロペシアのジェネリック医薬品

プロペシアのジェネリック製品は、いくつも販売されています。

ジェネリック製品は、有効成分については先発医薬品と変わりません。医薬品の開発に必要とされる研究費が先発医薬品ほどかからないため、多くは、値段も低く設定されます。(例外もあります)

プロペシアにおいても同様で、ジェネリック医薬品を使用すればプロペシアより幾分安くなります。ジェネリック医薬品の値段は少しバラツキがあり、プロペシアと大差ないものから2,000円ほど値段が安くなるものまであります。

長期の使用が大前提ですので、少しでも薬の値段を抑えたいのが本音です。
ジェネリック医薬品の使用について、医師と相談するのも良いでしょう。

プロペシアについては、こちらにも詳しいコラムがございます。
是非併せてどうぞ。

 

値段の安いプロペシア? 医薬品の個人輸入はリスク大につきNG!

世の中は便利になりました。
インターネットを利用すれば、自宅に居ながらにして手軽に買い物ができます。

個人輸入サイトを見ると、プロペシアの海外製品や、そのジェネリックなどが実際に処方される値段よりも安く販売されています。
長期服用を考えると値段が安いものに手を伸ばしたくなるのは分かりますが、プロペシアの海外製品の個人輸入はリスクが大きく、どうしてもお勧めできません。

「同じプロペシアならいいじゃないか」。そんな声が聞こえてきそうですが、そうとは言い切れません。
日本国内で処方されるプロペシアやジェネリックは、臨床試験を繰り返して日本の基準をクリアしたものです。副作用のリスクもゼロとは言いませんが、ある程度のリスクを抑えられ製造されています。

しかし、個人輸入サイトで取り扱われている海外製品については、日本の基準では検証されていません。万一、海外製の医薬品を使用したことで健康被害が生じても、何の補償もないのです。
(国内で処方された医薬品や購入した医薬品については、万が一副作用により健康被害が生じた場合、程度に応じて「医薬品副作用被害救済制度」が適用されます)。

もしかしたら、中身に偽りのある偽薬の可能性もあります。
また、個人輸入を取り扱う業者が、必ずしも善意で運営しているとも限りません。
注文してお金を振り込んだのに製品が届かない、届いてみたら違うものだった、ということもあり得ます。

そういったトラブルが発生しても、相談窓口のようなところもないのです。

参照
医薬品医療機器総合機構「医薬品副作用被害救済制度」
厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」

 

AGAは、発毛治療専門クリニックで堅実な治療を

AGA治療は、長期間に及びます。
その間、治療費は全額自費ですので、少しでも安く抑えたいと思うのも、致し方ないでしょう。
通販や個人輸入などで、安い海外製のプロペシアやそのジェネリック医薬品を使えば、確かに治療薬の値段は安くなるかもしれません。

しかし、その選択は実にリスキーです。
海外製の医薬品を使って薄毛は改善されたものの、体に異常が発生した、などという本末転倒な事態だけは避けなければいけません。
お金だけ払って品物が届かないという悪質なトラブルの発生もあり得ます。

単に値段だけの問題では終わらない、たくさんの不安要素が付いてくるのです。

発毛治療の専門クリニックなどで、国内での承認を受けている安心&安全な薬を使って治療をすれば、長くかかるAGA治療の間、ストレスなく過ごすことができるでしょう。

大切なのは、単に薄毛治療をするだけではありません。
薄毛の改善を図りながらも健康状態を維持すること、それが大事です。

安心&安全なAGA治療なら脇坂クリニック大阪へ

発毛治療専門クリニックでは、単に薬を処方するだけではありません。
複数の検査でその人の頭皮や頭髪の状態をきちんと把握し、生活習慣の改善など、多角的な視点から総合的に治療を行います。

当Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)では、薄毛に悩める人に寄り添うべく、単に「薄毛改善と発毛促進」だけでなく、その人の健康状態を把握しつつ治療を進めてまいります。

「どんな治療をするのか分からないから不安」という人は、是非一度無料カウンセリングにお越しください。もちろん、治療費用についての相談にもお答えします。
カウンセリングを通して、クリニックの雰囲気やスタッフの様子などを肌で感じていただける他、治療についてさしあたっての疑問や相談などにお応えし、ご理解していただくのが目的です。ぜひご利用ください。

Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪) 無料カウンセリングフォーム

併せて薄毛治療全般に関する記事もお読みください。

 

(まとめ)

プロペシアの値段について説明してきましたが、ご理解いただけましたか。
保険適用のないAGA治療だからこそ、できるだけ値段を安くおさえたいと思うのは人の常。
でも、だからといって違法な手続きで海外製品を購入するという「安さだけを追い求める」ようなことは、しないでいただきたいと思います。
長く続く治療だからこそ、安さの裏に潜むリスクを考え、安心かつ安全に継続することを重視しましょう。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

この記事が先頭です

次の記事

【クリニック監修】AGA治療は医療費控除の対象?対象外?