薄毛・AGA治療 > 頭髪コラム > AGA > 女性の薄毛 > 女性の薄毛治療に使われるお薬について詳しく解説します

更新日:|公開日:

女性の薄毛治療に使われるお薬について詳しく解説します

女性の薄毛治療に使われるお薬にはどのようなものがあるのでしょうか?種類・効果を詳しく解説していきます。
薄毛治療、といえば今まではずっと男性特有のもの…だったように思います。
ここ数年では女性の薄毛対策もされるようになり、薄毛治療に対する意識も変わってきたのではないでしょうか?
それでもやはり詳しく知る機会がないまま、まだ自分は大丈夫、と思っている方も少なくないでしょう。
こちらでは種類、効果を詳しく説明し、原因とともにお薬についても考えていきましょう。

このページの監修者のご紹介

医療法人翠奏会 
Dクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)

事務長 安田 孝志(やすだ たかし)

経歴

髪に関する美容業界を経て、1999年にクリニックに入職。「AGAはお医者さんで治せる」ことがまだ世の中にあまり知られていない頃から発毛治療に事務長として携わってきた、日本における発毛治療の変遷を知るエキスパート。
関西において男性の発毛治療を行っているDクリニック大阪 メンズ(旧脇坂クリニック大阪)と、分院の女性専門クリニック・脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の事務長として活躍中。新人指導や接遇改善、業務改善等に対しリーダーシップを発揮している。

女性の薄毛治療って?

女性には女性の薄毛治療があります。それは、男性とはまた違ったアプローチで薄毛を治療していく方法です。
その理由として、女性は男性と薄毛の原因が異なるため、皮膚科などでは専門的な治療は難しいですが、適切な内服薬、外用薬の使用で改善できるものが多いのです。
最初は何となく抵抗を感じるかもしれません。使い始めるタイミングも難しいと思います。頭のてっぺんは自分ではなかなか見にくいですし、身近な人でも薄くなったとはなかなか言いづらいですよね。
そこで、早めの対策で薄毛になる前にケアを始めるのも一つの方法かもしれません。

 

女性の薄毛治療に使われる薬

それではこちらで女性の薄毛に使用する薬の種類と効果をご説明します。

外用薬

・ミノキシジル…血管を拡張させ、 頭皮の血行を良くし、毛を作る毛母細胞を活性化する薬。ミノキシジルを直接頭皮に塗布する治療方法。厚生労働省の認可を受けた薬。市販の「育毛剤」や「発毛剤」にも含まれていますが、塗るだけでは液剤が流れ、あまり効率的ではないことからクリニックでは液だれしないゲルなども使用します。

 

女性の薄毛治療薬の効果

薬のタイプには抜け毛を抑える効果のあるものと、発毛を促す効果のあるものがあり、ご自分の状態にあったものを使うことがより効果的になります。現在ご自分の髪の抜け毛を抑えるべきなのか、発毛を促進するべきなのか…原因も含め考えてみましょう。
ご自分で判断がしにくい場合はお医者様に相談するのもいいかもしれません。そしていかにご自分にあっている薬をご使用になるか、が何より大切です。
薄毛の原因とタイプに合った薬を選ぶ必要があるわけです。

 

医師の診療が必須

昔は薄毛治療薬といえば男性用のものが主流でしたが、現在は女性の薄毛に効果の見込める薬がたくさん出ています。先ほどお話しした通り、内服薬や外用薬などなど…。
女性には大きく分けて3つのタイプの脱毛、薄毛があるようです。

1.女性男性型脱毛症…男性のように頭のてっぺんから薄くなる症状
原因:生理不順や更年期障害によるホルモンバランスの崩れ

2.円形脱毛症…まばらに髪の毛が抜けてしまう症状
原因:ストレスなどによる自律神経失調

3.産後脱毛症…産後一気に全体の10%~20%の髪が抜け落ちてしまう症状
原因:妊娠による大きなホルモンバランスの変化による髪の退行期のずれによるもの

ご自分がどのタイプであるかはわかりやすいと思いますが、どの薬を処方してもらうかは医師の診断が必要です。まずは無料カウンセリングへ行って医師の判断を仰ぎ、薄毛の悩みから解放されましょう。

治療内容:アドバンスト発毛治療、治療価格:32,000円/月(税別)、
この治療により起こる可能性がある副作用※:頭皮のかゆみ など
※これらの副作用が実際に起こったわけではありません

女性専門薄毛治療

脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪では、女性も安心して通える、環境づくりを心がけております。

FAGA(女性男性型脱毛症)や薄毛、抜け毛、発毛、育毛など、女性の髪の悩みやエイジングケアについて経験豊富な医師が治療します。

髪の悩みやエイジングケア、女性専門薄毛治療についてご相談ください。

注:記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

お住まいの近くのクリニックをお選びください

前の記事

【クリニック監修】薄毛改善効果がある「フィナステリド」とは

次の記事

女性にもAGAはある?「FAGA(女性男性型脱毛症)」について